クラリネットに向いている人・上手い人の特徴。口のカタチや性格は?楽器の魅力は?

「クラリネットが上手い人にはどんな特徴があるんだろう」
「クラリネットの魅力が知りたい」
「クラリネットが上手くなるには、どんなことを心がけたらいいの?」

この記事では上記のお悩みを解決します。

やわらかい音色と幅広い音域を持ち、吹奏楽やオーケストラ、ソロ演奏とマルチに活躍できるクラリネット。
有名な歌もあるので、クラシックになじみがなくても、知っている人は多いのではないでしょうか。

今回は中高の6年間、クラリネットを吹いていた筆者が、下記について丁寧に解説していきます。

  • クラリネットが上手い人の特徴
  • 楽器の魅力
  • 上達するために心がけること

これからクラリネットを始める人が、楽器の知識をつけて、早く上達するための情報をお届けしていきます。
最後まで読んでくださいね!

クラリネットが上手い人の特徴

まず始めに、クラリネットが上手い人の特徴を解説していきます。
上手い人の特徴を知り、取り入れていけば上達への近道になるので、ぜひ参考にしてください。

口の形が安定している

1つ目は、口の形が安定していることです。
なぜなら、クラリネットはマウスピースを口にくわえ、リードを振動させて音を出すからです。
口の形が安定していると、長時間吹いても疲れにくくなり、きれいな音を出しやすくなりますよ。
私がクラリネットをやっていたころも、上手な先輩は口の形が安定していました。
正しい口の形は、後ほど詳しく説明するので、クラリネットの上達には口の形が大切と覚えておいてください。

音がやわらかい

2つ目は、音がやわらかいことです。
クラリネットはやわらかくて優しい音が特徴ですが、きれいな音を出すのにはコツがあり簡単ではありません。

以下は一例ですが、具体的にこのようなコツがあります。

•口の形
•息の吹き込み方
•口の中の開き方

やわらかい音を出せるのは、練習する中で上記のコツをつかみ、うまくコントロールできている証拠です。
きれいな音を出すのは難しいですが、練習してコツを覚えれば、理想の音に近づけますよ。
日頃からきれいな音の出し方を研究していきましょう。

指が速く回る

3つ目は、指が速く回ることです。
楽譜を見たことがある人ならわかると思いますが、クラリネットは細かい指の動きが頻繁にあります。
指の動きがついていけないと、曲を演奏できないので、速く動かせるのは必須ですよ。
指が速く回る人は、連符が多い曲も問題なく吹けるので、クラリネットが上手いといえるでしょう。

クラリネットが上手い人の口の形

先ほどクラリネットは口の形が重要だと話しました。
でも、これから始める人には、どんな口の形が正しいのかよくわかりませんよね。
そこで次に、クラリネットを上手に吹くための口の形を説明します。

①上の歯をマウスピースにあてる
②下唇の下にくぼみを作る
③下の歯に下唇を軽く被せる
④唇でマウスピースを包むように口を閉じる

力は入れず、顎をのばすことがポイントです。
軽くほほえむイメージをもつとわかりやすいですよ。
プロやきれいな音を出す先輩には、顎がふくらんだ状態で吹いている人はいません。
口の形はよい音を出すのに不可欠なので、ポイントをおさえておきましょう。

クラリネットに向いている人の性格

クラリネットに向いているのは、協調性のある人です。
なぜなら、クラリネットは大人数で演奏する楽器だからです。
実際筆者の高校も、全学年合わせて16人だったことがありました。
人数が多くなればなるほど、みんなで音を合わせて演奏することは難しくなります。
音を合わせるには、周りの音をよく聞くことが不可欠なので、自己主張が強い人には大変かもしれません。
協調性があって、周りと合わせるのが得意な人は、上達が早い傾向にありますよ。

クラリネットの魅力

スポンサーリンク

次に、クラリネットの魅力を解説していきます。
他にもありますが、今回は全部で3つ紹介します。
楽器のよいところを理解できると、クラリネットを好きになり上達が早くなるので、初心者は必見です。

1.美しい音色

1つ目は、美しい音色です。
クラリネットはやわらかくて優しい音をしていますよね。
クラリネットの優しい音は、聞いているといい気持ちになり、心が落ち着きます。
きれいな音を出すのは難しいですが、聞く人の心を癒やせると考えたら、練習をがんばれちゃいますよね。

2.メロディーラインが多い

2つ目は、メロディーラインが多いことです。
クラリネットの楽譜を見ていると、曲の半分以上メロディーを担当していることは珍しくありません。
メロディーラインが多いと、曲のイメージをつかみやすいので、演奏していて楽しいです。
特に自分が好きな曲で、メロディーを吹けた時にはテンションがあがりますよ。
メロディーをたくさん担当できるのはクラリネットの特権なので、楽しんでいきましょう。

3.幅広いジャンルで活躍できる

3つ目は、幅広いジャンルで活躍できることです。
クラリネットのやわらかくて主張しすぎない音は、幅広い音楽ジャンルで使いやすいです。
吹奏楽では、クラシックはもちろん、ポップスやジャズ系の曲でもクラリネットが活躍していますよ。
また、テレビのBGMでもよく使われていて、番組を盛り上げているんです。
クラリネットを吹けるようになると、さまざまなジャンルの演奏を楽しめるメリットがあります。

クラリネットがうまくなるにはどんなことを意識したらよいの?

最後に、クラリネットが上達するためのポイントを解説していきます。
ポイントをおさえて練習すると、上達の近道になるので、覚えて心がけてくださいね。

口の形を安定させる

まずは口の形を安定させることです。
最初にも話しましたが、クラリネットでよい音を出すためには、口の形を作ることがとても重要です。
口の形は、意識しながら練習すれば鍛えられるので、初心者のうちにマスターしましょう。
先ほど解説した、上手な人の口の形を参考にしながら練習してくださいね。

おすすめの練習方法は、鏡を見ながらロングトーンをすることです。
鏡で確認しながらだと、正しい口の形を常に意識し、体に覚えさせることができます。
初心者はまず口の形を安定させることから始めましょう。

なりたい音色のイメージを持つ

次に、なりたい音色のイメージを持つことです。
音のイメージがあると、そこへ近づくために自分の音をよく聞いて研究できるので、上達が早くなりますよ。
音の好みは人によって異なるので、理想の音色に絶対的な正解はありません。
ですが吹奏楽部なら同じ部活の先輩をお手本にするのがおすすめです。
なぜなら、いつでも音を聞けてイメージを持ち続けやすいからです。
それから、先輩にきれいな音を出すために、何を工夫しているのか質問もできますよ。
初心者はまず、同じパート内になりたい音のお手本を見つけてみてはいかがですが?

指が回るように練習する

最後に指が回るよう練習することです。
クラリネットの楽譜には、細かい連符が必ず出てくるので、指の練習は避けて通れませんよ。
自分は不器用だし、指を速く動かすなんて無理だよと思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。
指づかいは練習すれば速く動かせるようになります。
おすすめの練習法は、ゆっくりのテンポから確実に指を動かせるようにしていくことです。
地味だし時間がかかりますが、少しずつ慣らしていけるのでやりやすいです。
私も吹奏楽部のころは、個人練習のときに毎日この方法を使い、少しずつ確実にマスターしていました。
時間がかかり大変でしたが、本来のテンポで吹けるようになったときは、本当にうれしかったです。
上達するには、焦らず確実にマスターするのが重要なので、めんどくさがらず練習しましょう。

さいごに

今回は、クラリネットが上手い人の特徴や楽器の魅力、上達するためのポイントを解説していきました。

これからクラリネットを始める人の練習に、記事の内容を役立てていただけたら嬉しいです。
クラリネットが上達するためのコツは、もちろん記事内に書かれていることだけではありません。
自分で調べたり、先輩にアドバイスをもらったりしたことを試しながら、上達のコツを見つけていきましょう。

👉〔amazon〕クラリネット関連商品はこちら。

>>クラリネットを自宅で練習するときのおすすめ防音法4選!
 

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 73 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)