バイオリニスト髙木凜々子のプロフィール。経歴は?結婚してる?家族は?演奏の実力や評判は?

出典:[amazon]Ririko Brillante -凜々子ブリランテ-

高木凛々子さんは、愛嬌のある顔立ちと高い演奏技能で人気を集めるバイオリン奏者です。今回は、25歳という若さながら世界で活躍する高木凛々子さんを紹介します。

プロフィール

  • 高木凛々子(たかぎりりこ)
  • 生年月日  1996年9月5日
  • 出身地   東京都
  • 学歴    東京藝術大学音楽学部卒業
  • カテゴリー バイオリニスト

経歴

高木凛々子さんは東京都出身の女性バイオリニストです。

3歳の頃よりバイオリンを始め、小中学生の頃より数々の大会で優秀な成績を納めています。

小学生に上がったぐらいの頃は、バイオリンの厳しい練習が大嫌いで、家に帰るとレッスンが始まるため、放課後もずっと校庭に残って遊んでいることが多かったそうです。

しかし、小学4年生の時には将来はバイオリニストとして生きていくことを決めています。やはり、早いうちから将来を見据えて頑張っていたことが、今の彼女の実力の高さを裏付けているようです。

大学時代は多くの音楽の道を志す学生たちと交流したことで、自身の音楽の幅が広がったと語っています。大学3年生の時には、バルトーク国際ヴァイオリンコンクールで2位を受賞しています。

これまでに星はるみ氏、篠崎功子氏に師事しており、現在は清水髙師氏に師事しています。

高木さんの実力は折り紙付きで、数多くの場で輝かしい実績を残されています。主な受賞歴がこちらです。

  • 第一回ユーロアジアイタリア国際コンクール 第1位。
  • 第19回万里の長城杯国際音楽コンクール弦楽器部門大学の部第1位。
  • 第89回日本音楽コンクール バイオリン部門第3位、E・ナカミチ賞受賞
  • 第19回万里の長城杯国際音楽コンクール弦楽器部門大学の部第1位。
  • 第1回バルトーク国際バイオリンコンクール第2位を受賞。
  • シュロモミンツ国際バイオリンコンクールでは3位を受賞。
  • 東京音楽コンクール弦楽器部門第2位及び聴衆賞受賞。

これらはあくまで受賞歴の一部であり、他にも多くの受賞歴をお持ちです。

現在はあのストラディバリウスを黒澤楽器店より貸し出され、使用しています。
ストラディバリウスには個体それぞれに二つ名がついており、高木さんの使用する個体は「Lord Borwick(ロード・ボーヴィック)」と呼ばれるものです。

いい楽器ほど鳴らしにくいという言葉があり、高木さんもストラディバリウスを使いこなすのには苦労したようです。7ヵ月かけてようやく少しずつ出したい音が出せるようになったと発言しています。

高木さんからしてもストラディバリウスの音色は特別なようで、「キラキラしていて艶やかで、一度聴いたら忘れられない音色」と表現しています。

スポンサーリンク

現在YoutubeやTiktok等などでも活動の幅を広げており、若い世代に向けてクラシック音楽を身近に感じてもらいたいという思いもあるようです。

結婚している?家族は?

高木凛々子さんは現在25歳ですが、未婚のようです。

ご両親は二人ともバイオリニストです。

父親の高木敏行さんは読売日本交響楽団に所属しており、現在オーケストラのバイオリン・ヴィオラのソリスト、室内楽奏者として活躍しています。

母親の井上雅美さんも高木敏行さんと同様に読売日本交響楽団のバイオリニストです。ちなみに出身大学も高木凛々子さんと同じ東京藝術大学で、高木凛々子さんの先輩にあたります。

高木凛々子さんは幼い頃からバイオリン漬けだったようで、ご両親が共にバイオリニストということもあり、高木さんがご両親から受けた影響は大きそうです。

演奏の実力や評判は?

高木さんはとにかく数多くの受賞歴をお持ちです。小中学生の頃から多くの大会で優秀な成績を納めていますし、目に見えて分かる実績が多い分、注目度も高いです。

ハンガリーで開催されたバルトーク国際音楽コンクールや、北京で行われたシュロモミンツ国際ヴァイオリンコンクールで優秀な成績を納めており、海外での活躍も数多くみられるので、日本国内だけでなく、国際的な評価を得ていると言えます。

演奏技術は非常に高く、難しい楽曲も巧みに弾きこなします。純粋な実力のみならず楽しそうに演奏する姿も、見る人を楽しませ魅了する要因の一つでしょう。

現在約520挺ほどしか現存していないストラディバリウスを黒澤楽器店から貸し出されているところから見ても、高木さんのバイオリニストとしての評価の高さが伺えます。

事実黒澤楽器店からは髙木さんの音楽への情熱、取り組み方に並々ならぬものを感じたと評価されており、演奏の実力に対しても、卓越した演奏能力を持ち、華のある演奏で聴衆を魅了することができるとの賞賛を受けています。

まとめ

高木凛々子さんは3歳の頃よりバイオリンを習っていたこともあり、小中学生の頃から高い技能を持っていたため、大きな注目を集めていました。

学生の頃より数多くの賞を受賞しており、ハンガリーや北京などの国際的な場でも輝かしい功績を残されています。現在25歳という若さながら日本を代表するバイオリニストとなっているようです。

黒沢楽器店からストラディバリウスを貸し出され、使用中ということも大きな注目点です。

YoutubeやTiktokなど、幅広い場で活動をこなしており、新時代のバイオリン奏者としてこれからの活躍をますます期待したいですね。

👉[amazon]高木凛々子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 138 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)