バイオリンの上手な子の特徴。向いてる向いてない・才能の有り無しを見分けるコツは?親がサポートすることは?

実子二人のバイオリンレッスンを支えてきて、バイオリンが上手な子は「ここが違うな」と思うことが多々ありました。
習い始めた頃は、「バイオリンは向いていないかも」と集中力の無い息子にイライラしてしまったことを思い出します。
見落としがちですが、子供にバイオリンを習わせる上で親御さんのサポートは欠かせません。
ここでは、バイオリンの上手な子の特徴と才能を見分けるコツを紹介します。

バイオリンの上手な子の特徴

バイオリンの上手な子には、共通する特徴があります。
バイオリンが上手な子は、決して初めから上手なわけではありません。
次に紹介する3つが共通する特徴です。

  • 家で毎日きちんと練習をする
  • 先生に教えてもらったことを素直に聞く
  • 練習量と上達は比例する

この3つの特徴について詳しく解説します。

家で毎日きちんと練習をする

バイオリンが上手な子は、毎日きちんと練習をします。
個人差があるので一概には言えないですが、子供の集中力は長くは続きません。朝10分夕方10分といったように小刻みに練習をします。少しの時間でもいいので、毎日楽器に触れることが上手くなる方法。バイオリンは、毎日練習することで上手になる楽器です。

先生に教えてもらったことを素直に聞く

「先生に教えてもらったことを素直に聞く」、バイオリンが上手な子はこれができています。素直に聞くということは、聞いたことを練習に活かしていくということです。バイオリンは、自分勝手に練習だけしていれば上手くなるというものではありません。その理由は、弓順や指使いを覚える必要があるからです。弓順や指使いによって音色に違いがでるので、上手になるには必要な技能となります。また、指使いは細かい動きなので、子供の未熟な指ではかなりの集中力が必要です。そこで、できない自分と間違いを指摘されるプレッシャーですねることがあります。これを自分で乗り越えることを経験します。そして、先生に教えてもらった通りに弾くことで上手に弾けることを体験し覚えていきます。

練習量と上達は比例する

バイオリンの上手な子は、圧倒的に練習量が違います。指使いや運弓(ボーイング)は練習を積み体得していきます。練習量をたくさんこなすことにより、右手のスムーズな指の動きと左手で行う運弓をきれいにできるように覚えていきます。そして、練習するということは、楽譜を見る機会が増えます。楽譜を目にすることにより、音符を読む力が身に付きます。やはり、練習量は上達するためには絶対必要です。

毎日継続して練習し、少しずつ練習時間を増やし練習量を積んで上手くなっていきます。決して、上手な子が特別なわけではなく、素直にコツコツ練習して上手になっていくのです。

スポンサーリンク

向いてる向いてない・才能の有り無しを見分けるコツは?

向いているか向いていないかの才能を見分けるコツは、継続して練習ができるかどうかです。上手な子は練習をしています。そもそも練習ができないのであれば向いていないです。少しずつでもいいので、練習を継続できれば上手くなりますよ。毎日継続練習ができればそれが才能です。

親がサポートすることは?

バイオリンが上手な子の親には共通点があります。それは、親が子供のバイオリン練習のサポートをしているということです。子供に「練習しなさいよ」と口で言っているだけではなかなか練習習慣はつきません。ここでは、子供がバイオリンの練習習慣をつけるための親のサポート11の方法を紹介します。

  1.  毎日声をかけて練習を促す
  2.  時間を決めて家庭全体で練習環境を整える
  3.  短時間(数分)でいいので一日に2回以上練習タイムを設ける
  4. 集中できるようになったら少しずつ練習時間を長くしていく
  5.  先生から教わったことは、親がメモをして、子供が練習するときに伝えていく
  6.  時にはビデオを撮り親子で確認する
  7.  楽しく練習できる雰囲気と声かけをする
  8.  時には強く練習を促すことがあっても、練習内容に対しては基本叱ってはいけない
  9.  少しでも出来たことに対して、オーバーなほど誉めてやる気を後押しする
  10.  上手な子と比べない
  11.  たまには息抜きにお休み日を設ける

毎日続けることは大人でも難しいことです。11の方法はもちろん大切ですが、親が必死になりすぎず、楽しく継続させることが大事ですね。

まとめ

子供とバイオリンの練習に向き合っていると「先生にそこなんて言われたの」「どうして先生に言われたとおりにできないの」と子供ができていないことに目がいってしまいます。これは、親あるあるなのですが、子供は面白くないし反発し、ふくれてしまいます。子供が上手になることを望んでいるのであれば、親はイライラしても我慢して大人の対応をしましょう。子供が小学校高学年くらいになると自分でやるようになるし、口を出すこともなくなってきます。それまでは、バイオリンを楽しく継続して練習できるように支え、励ましていくといいですね。

👉[amazon]子供の初心者がバイオリンを学べる教本おすすめ

>>ピアノ上手な子の特徴。才能の有り無しを見分けるコツは?親がサポートすることは?

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 169 times, 3 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)