ピアノ上手な子の特徴。才能の有り無しを見分けるコツは?親がサポートすることは?

ピアノがとても上手な子がいますが、どうすれば才能を見分けることができるのでしょうか?先天的な才能がある人と後天的な才能がある人がいますが、先天的な才能がある人はごくわずかなのに対して、後天的な才能はあとから身に付けることができます。才能を引き延ばすことができるポイントをご紹介しますね。

無料でピアノ講師を探してみる!
↓画像をクリック↓

\見つけるまでは完全無料です!/
講師2,000人以上!/

才能がある?ない?の見分けは?

ピアノが大好きでたくさん練習時間をとって毎日しっかりと自分から進んで練習する子は、才能があると言えるでしょう。才能が必要というよりも、練習をすることで技術や表現力が身についていきます。

そもそも練習が嫌いな場合で、親が何度も「練習をしなさい!」と言っている状態では技術や表現力を身に付けることが難しくなります。スポーツが得意な人はスポーツに力を入れているから更に上達し、勉強が得意な人は勉強時間に割く時間が多くなっているのと同じように、どれくらいの時間ピアノを練習することができるか?によって才能を磨くことができるでしょう。進んでピアノの練習を楽しんでいる子は才能があると言えますね。

好きなことであれば才能が開花する

バイオリンは苦手でもピアノは得意という方もいます。どんなことをするのが好きなのかが才能開花するポイント。才能を伸ばすことだけにフォーカスするのではなく、好きになるように楽しいと思えることが大切かもしれませんね。親がサポートする場合は、ピアノを弾けるようになったときの楽しさや魅力を伝えるといいでしょう。

例えば、色んな曲を聴かせて「この曲好き!この曲を弾けるようになりたい!」と思えることで頑張って練習しょうと思えることがあります。「練習しなさい!」だけでは魅力を感じられませんよね。目的を魅力的なものにしてあげることをお勧めします。

才能を磨くためには、継続が重要になるので「どうすればもっと楽しめるか?」を考えてみましょう。

子供のピアノを上達させるために親がサポートすることは?

スポンサーリンク

毎日の努力の積み重ねが大切

才能は日々の練習を続けていくことができる力であって、すべてのことに言えるでしょう。継続する力を身に付けることがポイントです。モチベーションを維持し続けるためには、好きな曲

練習することも大切です。上手くなろうというよりも、楽しく演奏することを意識してみると自然と努力ができているかもしれませんね。

才能を見分ける

初見能力が高い人はピアノの才能があります。初見で楽譜を見て弾くことができれば、譜読みが早く終わり、より曲を理解して演奏することができます。

また、音楽的センスや音を聞くだけでどの音かが分かる絶対音感などは訓練することで身に付けることができます。たくさんの音楽を聴いたり、感性を高めるために良いものに触れることでセンスが磨かれていきますよ。

暗譜力が高い人も才能があると言えるでしょう。暗譜と一言言っても何度も弾いて覚える「身体的記憶」、楽譜をビジュアルで覚える「認知的記憶」が必要になります。

ただこれらのことは訓練で身に付けることができるので、今才能がないからといって諦めることはないでしょう。

環境が才能を開花させる

後天的な才能を引き出してくれる、良い先生から学ぶ必要があります。先生の導き方次第で子供の能力がどんどんと開花していきます。技術面や先生の評判だけではなく、相性の良い先生と出会うことが大切かもしれませんね。親がサポートできることはできるだけ子供にとって良い環境を作ってあげることが重要です。ピアノ環境に関してはデジタルピアノで練習している場合は、アコースティックピアノに変えて練習することでタッチの違いで音色や表現力などより豊かな響きが得られますよ。

子供にあまりうるさく言わないことが大切

親がピアノを弾けるとついつい口を出してしまうこともあるでしょう。親がとても熱心すぎて過干渉になってしまうのではなく、教えるのは先生にお任せして親は経済的なサポートや精神面でサポートをしてあげるとよいでしょう。

弾けなかった曲が弾けるようになったときに褒めるだけでも、頑張ると褒めてもらえると思い練習に取り組むことができます。子どもが楽しく続けられるように意識してみるいいかもしれませんね。

「天才は努力する者に勝てず、努力する者は楽しむ者に勝てない」という孔子の言葉がありますが、「楽しい」という感情がポイントになります。子供の楽しいという感情面を引き出すサポートをしてあげることが重要かもしれませんね。

まとめ

趣味として楽しむのは特別な才能は必要ありません。また楽しみながら好きな曲を練習をしたり、ピアノが好きになることができれば自然と練習をすることができるので、練習時間に比例して技術や表現力も高まってくるでしょう。子供が「ピアノが好き!」と思えるように導いてあげることで才能が開花していく可能性があります。子供の気持ちを大切にしてあげるとよいでしょう。

無料でピアノ講師を探してみる!
↓画像をクリック↓

\見つけるまでは完全無料です!/
講師2,000人以上!/

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 19,130 times, 5 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)