トロンボーンの種類と選び方。各部の名称や購入時の注意点について。

トロンボーンの種類

トロンボーンの種類は4つ、もしくは3つと説明されることが多いですが、この記事ではより細かく分類するため、4種類のトロンボーンをご紹介します。

アルト・トロンボーン

宗教音楽をはじめとする古典音楽で用いられることが多いトロンボーンです。天から降ってくるような、柔らかく輝かしい音色が特徴。トロンボーンの中でもっとも高音域を得意とするタイプです。

テナー・トロンボーン

広く一般的に使われているトロンボーンです。管の調性は、吹奏楽の基準音でもあるB♭です。
管の内径により、太管・中細管・細管の3種類に分けられます。

太管

太くパワフルな音色が特徴です。トロンボーンの得意技である「大音量のハーモニー」を作るにはもってこいのタイプです。大編成のオーケストラと相性抜群です。

中細管

太管と細管のいいところを併せ持ったトロンボーンです。比較的新しい時期に作られました。吹奏楽ではこのタイプがよく使われます。

細管

明るく、繊細な高音を出すのが得意です。アンサンブルよりもソロ向きで、ジャズのトロンボーン奏者にも好まれています。

テナー・バストロンボーン

テナー・トロンボーンにF管を足したトロンボーンです。奏者から見て左側、U字になっている管のところにうずまき状の管が付いています。
F管を使用することで使うポジションの数が7つから6つに減り、腕をめいっぱい伸ばして吹く必要がなくなります。ソロなど、素早いパッセージを吹く時に便利です。

バストロンボーン

テナー(バス)トロンボーンに比べてベルが大きくなり、ずっしりとした重みがあります。
抜き差し管やロータリーを切り替えることで、それぞれ違ったキー(調)で演奏することができます。
吹奏楽をはじめ、オーケストラやジャズなど、様々ジャンルで活躍できるトロンボーンです。

各部の名称


(写真はPinterest様のフリー素材を使用しています)

①チューニングスライド/主管抜き差し管
②ロータリーバルブ
③ベル管
④ベル/朝顔(あさがお)
⑤ウォーターキー/唾抜き(つばぬき)
⑥マウスピース
⑦停止帯管(ていしたいかん)
⑧支柱(しちゅう)
⑨スライド管/外管(そとくだ)
中管(なかくだ)
⑩石突き

トロンボーンを購入する際の注意

スポンサーリンク

最初の項でもご説明したように、トロンボーンはベル管のサイズが太いものから細いものまで多種多様です。
ベル管の大きさによって合うマウスピースが変わってくるので、購入の際は間違ったサイズのものを選んでしまわないように注意が必要です。

<具体例>(YAMAHAの場合)

細管……YSL-895EN、YSL-891Z、YSL-897L
中細管……YSL-630、YSL-640
太管……YSL-882

また、初心者の場合は特に「色んなメーカーを試してみたけれど、自分では音の違いがよく分からない……」ということも往々にしてあります。
可能であれば、部活動の先輩や講師の方など、音の違いをしっかり聴き分けられる方にアドバイスをもらいながら選んでいくといいでしょう。
楽器店で試奏をする場合は、店員さんに頼んで傍で聴いてもらい、不明点は何でも質問するのがコツです。

続いて、トロンボーンに限った話ではありませんが、必ず行わなければならない「お手入れ」に関するマストアイテムについて。

トロンボーンは、他の管楽器には無い、非常に長いスライドが特徴的な楽器です。
口を使って演奏する以上、このスライドにも大量に唾が溜まるうえ、金属製で錆びやすいためこまめなお手入れが欠かせません。
「トロンボーン購入時、これらも忘れずに用意すべし!」というアイテムをご紹介します。

トロンボーン用・お手入れ必須アイテム

①演奏前に使うもの

スライドクリーム(又はスライドオイル)……スライド中管の汚れを丁寧にとった後、先端のストッキング部分にクリーム、又はオイルを適量塗ります。

ウォータースプレー……スライドクリームを塗った後、上から充分に水を吹き付けます。スライドオイルの場合は少量吹き付ける程度で大丈夫です。容器に入れる水は殺菌消毒された、清潔なものを使いましょう。水を吹き付けたら、スライドの外管と中管をセットし、何往復かスライドさせてクリーム(オイル)を伸ばします。

②演奏後に使うもの

クリーニングロッド&ポリシングガーゼ……ウォーターキーで唾を抜いた後に使います。ロッドの表面が露出しないようにガーゼを巻き付け、スライドの外管と、中管の内側を掃除します。ロッドを抜くときは、支柱の部分を手で持ちながら、ガーゼが中で詰まらないようにゆっくりと引いていくのがコツです。

③本体表面のお手入れ

ポリシングクロス(又はラッカーポリッシュ)……楽器本体の表面についたホコリや指紋など、小さな汚れを掃除するのに使います。表面を傷つけないよう、丁寧に磨きましょう。

メタルポリッシュ……ニッケルメッキ製の楽器の汚れ落とし、表面が錆びてしまった際のお手入れに使います。金属のつやつやした輝きがすぐに復活します!

まとめ

今回の記事では、「そもそもトロンボーンってどんな種類があるの?」と疑問に思う方から、日常的に必要になるアイテム情報を求める方まで、幅広く役立てていただけるような内容を意識して執筆しました。
音楽生活の相棒となるトロンボーンが決まったら、それを長く愛して使っていけるよう、是非お手入れ用品もこだわってみてはいかがでしょうか。

👉〔amazon〕トロンボーンの関連商品はこちら。

>>トロンボーンについての解説。吹奏楽における役割や魅力は?向いている人や奏者あるあるなど。

 

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 19 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)