トロンボーンの高い音の練習方法。かすれたり外したりしないためのコツは?

金管楽器は唇の振動で音を出し、指で押さえれば必ず音が出るという単純なものではありません。高い音や低い音など出したい音によって、唇をコントロールしなければなりません。特に高い音を出そうとすると体に力が入り、音がかすれたり外してしまうことがあります。

トロンボーンは唇や息をコントロールして音を鳴らす複雑な楽器です。トロンボーンを綺麗に吹いたり、高い音を安定した音色で演奏するには練習が必要です。
音域を拡げる練習とともに、綺麗な音色を出す練習をしなくてはいけません。ここではトロンボーンで高い音を綺麗に出すためのコツを紹介します。

音がかすれてしまう原因とは?

トロンボーンで高い音域を吹こうとする時、かすれた音が出たり、音を外してしまうことには原因があります。トロンボーンを吹いている時の息が、すべてトロンボーンへ音として響いていないのかもしれません。
演奏中の自分の口元を想像してみてください。
音がかすれる、音を外してしまうのは、口元が緩んでいたり顎が開いていないことが原因になります。
口元を意識しながら、顎を下げることを意識してみましょう。
空気を漏らさずトロンボーンを吹くことによって、綺麗な音色が出せます。
どれくらい顎を下げるのか、どのように口元の動かしたら良いのかと、練習を通して綺麗な音色の吹き方を模索していきましょう。

高い音を出すためのポイント

トロンボーンの練習時、特に意識すべきことは「息」です。高い音を出すときは、息は細く、速く、真っ直ぐ吹くことを意識してみてください。唇の息の通り道を小さくすることで息の出し方をコントロールできます。

マウスピースを使った練習も良いでしょう。
低い音を出す時は、舌を上顎から離して、口の中を広げることで、息の通り道が広くなり、ゆっくり息が出ます。
高い音を出す時は、舌を上顎に近づけて、口の中を狭くすることで、息の通り道が狭くなり、速い息が出ます。

このように、演奏中に舌の位置を意識して変えているでしょうか?演奏中は常に息の通し方、舌の位置を意識しながら取り組んでみましょう。
さらに体も心もリラックスした状態で演奏することが重要です。無理に高い音を出そうとすると苦しそうな音になってしまいます。これでは綺麗な音色とは言えませんよね。一度楽器を置いて、首や肩を回して力を抜きましょう!
唇の振動が音を出すので、力を抜くことは大切なことです。
ぜひ練習の前に取り入れてみてください。

音色のイメージについて

スポンサーリンク

トロンボーンの高音域はとても綺麗で、美しい魅力があります。高い音を頭の中でイメージしながら吹き、こんな音が吹きたいと理想を抱くと目標が明確になります。
そのためには音色が綺麗な人のトロンボーンの音を聞いてみましょう。部活の先輩やプロのトロンボーン演奏者、コンクールの動画など色々な人の音を聞いてみましょう!
質の良いトロンボーンの音を聞くことによって、自分が出したい音のイメージができたり、自分の吹き方の改善点を見つけることができるでしょう。
練習中に音を出しながら、吹きたい音のイメージに合わせるように、息の流し方を変えたり、口元を変えてみることが大切です。
自分の理想的な音を出せるように、豊富なイメージを持ちましょう!

高い音の練習方法

高い音を綺麗に吹くためには、ロングトーンという練習方法が効果的です。重い楽器であるトロンボーンを長い間持つと体が疲労し、体に力が入りがちになってしまいます。音を綺麗に吹くためには、体をリラックスさせることが重要です。ロングトーンは、長い間音域を綺麗に拡げる練習ができ、リラックスした状態で吹くことを体に慣れさせることができます。

さらにロングトーンを練習することによって、リラックスした状態でトロンボーンを持ち、丁寧に音程を安定させる練習にもなります。ロングトーンを練習する時、何も考えず音を出すだけではもったいないです。
自分の音をよく聴いて、吹き方の改善点を見つけることを心掛けてください。周りの人に客観的にチェックしてもらうという方法も良いでしょう。

ロングトーンの注意点は音の初めから終わりまで音量と音色を変えないこと、決められたタイミングで音が出ること、リラックスした状態で吹くこと、呼吸法を意識することです。またロングトーンにはチューナーが必要です。一定のリズムで、音を出したいタイミングで音が出る練習にもなります。

ロングトーンとは準備運動であり、トレーニングです。トロンボーンを吹き続ける限り、続けていくものです。
ロングトーンの練習を続けていくことで、2ヶ月後、半年後、1年後に、自分の変化を実感できるでしょう。

最後に

トロンボーンで綺麗に吹くコツはリラックスした状態で吹くことから始まります。今回紹介した練習方法は今すぐ実践できる、効果的なやり方です。ロングトーンの練習のコツを押さえることで練習の質が上がるでしょう。

ただ音を出すのではなく、自分の状態を意識しながら音を出すことで格段にトロンボーンの技術が上達します。
ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

 

[amazon]パワーアップ吹奏楽! トロンボーン

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 36 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)