バイオリ二スト千住真理子のプロフィール。ストラディバリウスの値段は?演奏の実力と評判は?

出典:[amazon]千住真理子ベスト(SHM-CD)

バイオリニストとして世界的に活躍する千住真理子さんについて、さまざまな角度から調査しました!

プロフィール

・名前 千住真理子
・生年月日 1962年4月3日
・出身地 東京都
・カテゴリー バイオリニスト
・所属事務所 ジャパン・アーツ

経歴

千住真理子さんは、日本を拠点に活躍するバイオリニストです。
父親は慶応義塾大学の名誉教授である千住鎮雄さん、母親はエッセイスト・教育評論家の千住文子さんです。
さらに、長男は日本画家の千住博さん、次男は作曲家の千住明さんという、兄妹3人そろって芸術家の、超サラブレッド家系です。

千住真理子さんは、千住家の末っ子として生まれ、2歳3か月の頃からバイオリンを習い始めました。
幼稚舎の低学年まではほとんど練習せずに過ごしていたそうですが、10歳のときに出場した全日本学生音楽コンクールの東京大会小学生の部で第2位に輝きます。
翌年の全日本学生音楽コンクールでは、全国大会小学生の部で第1位を受賞しました。
その後、12歳という若さでデビューをし「天才少女」と呼ばれるようになります。
千住真理子さんの勢いはとどまることなく、15歳のときには日本音楽コンクールを最年少で優勝、17歳でパガニーニ国際コンクールにて最年少で入賞を果たします。
ここまでの成績を収めるには、家庭環境が良かっただけでなく、千住真理子さん自身が相当努力されたのでしょう。
しかし、輝かしい栄光の裏では嫉妬やいじめを受けたり、学業との両立で悩んだりすることも多かったようです。

大学は、音楽大学でなく慶応義塾大学文学部哲学科に進学します。
バイオリニストとして活躍しながら、慶応義塾大学に合格するとは、まさに文武両道ですよね。
大学進学後、天才であり続けることに限界を感じた千住真理子さんは、20歳のときにバイオリンから離れる決意をします。
その後、全く楽器を触らない生活を2年間送りました。
あるとき、ボランティア団体からの電話がかかってきたのをきっかけに、徐々に演奏活動を再開しました。
そして大学卒業後、2年間のブランクを経て、バイオリニストの道を歩むことを決めたのです。
多くの音楽家が音楽大学で研鑽を積む時期に2年も楽器を触らなかったため、もとの感覚を取り戻すだけでも相当な時間がかかったといいます。
焦りや苦しみを乗り越え、千住真理子さんはバイオリニストとして花開いたのです。

千住真理子さんは現在、コンサートやリサイタルの開催をはじめ、テレビ番組にも積極的に出演し、さらにエッセイストとして活躍するなど、幅広い分野で活躍されています。

スポンサーリンク

>>千住明は結婚してる?妻や子供・事務所は?主な代表曲は?

バイオリニストとしての実力と評判、ストラディバリウスの値段は?

「天才少女」と呼ばれた学生時代からブランクを経て、日本を代表するバイオリニストとして活躍を続ける千住真理子さん。
その実力は、どのように評価されているのでしょうか。

動画は、今年行われたデビュー45周年記念公演の様子です。
太く芯のある音色で、思わず引き込まれてしまいますね。
その圧倒的な表現力からは、バイオリニストとしての45年の貫禄を感じざるを得ません。

千住真理子さんを語る上で欠かせないのが、使用している楽器です。
千住真理子さんは現在、ストラディヴァリウスの「デュランティ」を使用しています。
ストラディヴァリウスは、貸与して使用する演奏家がほとんどですが、千住真理子さんは
なんとこの楽器を所有しています。
現在、ストラディヴァリウスを個人で所有している人は、世界中で4人しかいないそうです。
千住真理子さんが使用する「デュランティ」は、約300年間誰にも弾かれずに眠っていた名器です。

「デュランティ」の出会いは運命的で、音色を聴いただけで一目惚れしたといいます。
それを知った長男の千住博さんと次男の千住明さんが協力し、千住家が買い取ったのです。
その値段は、推定2億~3億円といわれています。
千住真理子さんは、この名器を弾きこなすために0から音楽を作り直しました。
また、「デュランティ」を演奏するには絶対的な体力が必要なため、毎日トレーニング欠かさず行い、食事面にも気を使っているそうです。

世界で有数の名器を弾きこなす千住真理子さんは、日本のみならず世界でも高い評価を得ています。

気になる私生活は?結婚している?

千住真理子さんは、どのような私生活を送っているのでしょうか。
千住真理子さんは、現在59歳です。
過去に2度結婚しましたが離婚し、現在は独身です。

一度目は20代のときに、年上の医師と結婚したそうです。
しかし、結婚式の前日に夫になる男性の裏の顔を知ってしまい、それがきっかけで1年後に離婚したといいます。
2度目の結婚は30代のときで、相手の男性は穏やかな人だったようです。
ただ、演奏家を続ける以上、彼が求めるような妻にはなれないと感じ、離婚に至りました。

千住真理子さんは、2度の結婚、離婚を経て、バイオリニストとして音楽の道を生きる決意をしたのです。
その生き方もかっこいいですよね。

まとめ

天才と飛ばれた少女時代から2年のブランクを経て、バイオリニストとして返り咲いた千住真理子さん。
今後のさらなる活躍に期待です。

👉〔amazon〕千住真理子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 38 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)