バイオリニスト庄司紗矢香のプロフィール。結婚してる?現在の活動は?演奏の実力と評判は?

出典:[amazon]バッハ&レーガー : 無伴奏ヴァイオリン作品集 / 庄司紗矢香 (Bach&Reger : Works for violin solo / Sayaka Shoji) [2SACD シングルレイヤー] [国内プレス] [日本語帯・解説付]

庄司紗矢香さんは1999年にパガニーニ国際バイオリン・コンクールにて史上最年少で優勝した世界で活躍する女性バイオリニストです。そんな庄司紗矢香さんについてお伝えしていきます。

プロフィール

  • 生誕:1983年1月30日(40歳)
  • 出身地:東京都国分寺市
  • 出身校:ケルン音楽大学卒業
  • 職業:バイオリニスト
  • 担当楽器:バイオリン
  • レーベル:ドイツ・グラモフォン

庄司紗矢香さんの演奏の実力と評判は?

庄司紗矢香さんは、1983年に東京で生まれました。画家である母親の留学で、3歳からイタリアのシエナで過ごします。その時にキジアーナ音楽院のコンサートでバイオリン演奏を見たことがきっかけとなり、5歳からバイオリンを始めました。

ピアノも習ったのですが、バイオリンの魅力に魅せられてバイオリンの道を選んだそうです。帰国後は、東京都国分寺市内の小学校に進学します。6年生の時には、第48回全日本学生音楽コンクール東京大会、全国大会で優勝しました。

小学校を卒業したら、ヨーロッパ留学をします。

キジアーナ音楽院において、バイオリンを学びました。14歳でリピンスキ・ヴィエニャフスキ国際コンクール・ジュニア部門で日本人として初めて優勝し、ルツェルン音楽祭にルドルフ・バウムガルトナー指揮ルツェルン音楽祭弦楽合奏団のソリストとして出演しました。

また、リピンスキ・ヴィエニャフスキ・コンクールで審査員だったザハール・ブロンに見染められて、ケルン音楽大学でブロンに師事しました。そして、ヨーロッパを拠点に活動したそうです。 そして、ルツェルン音楽祭弦楽合奏団とヨーロッパ演奏旅行を行い、ウィーン・ムジークフェラインザールでウィーン・デビューを果たします。

1999年、第46回パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに同コンクール史上最年少、かつ日本人として初めて優勝しました。若くしてすごい才能の持ち主です。そして、2004年にはケルン音楽大学を卒業しました。

2000年には、ズービン・メータに才能を認められ各地でオーケストラと協演。そして、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、ヨーロッパを中心に、日本、アメリカ、南米、ロシア、イスラエルで定期的に活動しています。

スポンサーリンク

翌年、ボルティモア交響楽団とバービカン・センターにてロンドンデビュー、ルーヴル美術館にてパリでのリサイタル・デビューを飾ります。また、ヴェルビエ音楽祭に初登場し、以来同フェスティバルでラン・ランやヴァディム・レーピン、ミッシャ・マイスキー、ミハイル・プレトニョフ、リン・ハレル、イェフィム・ブロンフマン、エレーヌ・グリモー等と室内楽で共演しました。

その後、デュトワ指揮NHK交響楽団の定期演奏会に出演。テルアビヴで行われた「アイザック・スターン・メモリアル・コンサート」でズービン・メータ指揮イスラエル・フィルとの再共演が叶いました。

また、ザルツブルクではベルリン・フィルとの共演も果たしました。2004年には、富士ゼロックスのCMに起用され、ヒューマン・ビートボクサーのAFRAとセッションを行い話題になりました。

その後も多くの有名な演奏家たちとの共演をし、話題になっています。このように国内外で活発に活動しました。

2001年4月から2009年6月まで日本音楽財団から1715年製ストラディバリウス「ヨアヒム」を長期貸与されています。現在は、1729年製ストラディヴァリウス「レカミエ」を使っているそうです。

2009年、クラシック音楽からインスピレーションを得た絵画と映像作品の個展”Synesthesia”を開催しました。画家であるお母様の影響であることは間違いありません。絵はとてもカラフルで本当に素晴らしい作品ばかりです。
今後も二足のわらじでのご活躍が期待されます。

庄司紗矢香さんは結婚している?

庄司紗矢香さんの結婚についての情報は検索しても出てきません。おそらくまだされていないと思います。検索していると、椅子に座ったままコンサートをしたという記事がありました。

本来、力強い演奏をするときは足を踏ん張るはずですが、座ったままというのは本当に弾きづらいものだったと思われます。

しかし、庄司紗矢香さんは座ったままでも力強く素晴らしい演奏をされたということです。多々の賞レースを勝ち抜いただけあると思わせるエピソードでした。

まとめ

庄司紗矢香さんは海外を中心として活躍されています。そして、バイオリンだけでなく、画家としても活躍中です。お母様の影響もあり、芸術家として素晴らしい才能をもっています。

庄司紗矢香さんは、日本にいることが少ないのでなかなか情報が少ないですが、世界をまたにかけて今後も活躍されること間違いなしです。
庄司紗矢香さんの音楽を聴きながら絵画を見るといった贅沢な時間が過ごせたら素敵ですね。

👉[amazon]庄司紗矢香のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 14,606 times, 2 visits today)

1 個のコメント

  • オコス・ゴビジー より:

    海外演奏公演の途中、航空機事故で亡くなったフランスの女性バイオリニストのジネット・ヌブーと比較されるくらいの素晴らしいバイオリニストですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)