テノール歌手田代万里生のプロフィール。経歴は?結婚してる?歌手としての実力や評判は?

出典:[amazon]田代万里生 ミュージカルデビュー10周年記念アルバム Simpatia

今回は、ミュージカル俳優やテノール歌手として活動する田代万里生(たしろまりお)さんについて結婚や、歌手としての評判に触れながら紹介していきます。

プロフィール

  • 誕生日:1984年1月11日
  • 出身:長崎県生まれ、埼玉県育ち
  • カテゴリー:ミュージカル俳優、テノール歌手
  • 所属:ホリプロ

経歴

現在37歳の田代万里生さんは、1984年に長崎県で生まれました。
少し珍しい万里生という名前は、テノール歌手の父親がイタリアのテノール歌手、マリオ・デル・モナコからとり、「万里に生きる」と意味が込められています。

田代さんが音楽を始めたのは3歳のころです。
ピアノ講師である母からピアノを教わります。
そして7歳でヴァイオリン、13歳からトランペットを始めました。
いろいろな楽器を経験し、現在のメインとなる声楽を始めたのは15歳のころです。
テノール歌手だった父から教わりました。
両親ともに音楽に携わっており、いろいろな楽器を学んできたことは、現在の活動にも生かされているのかもしれません。

高校卒業後は、東京藝術大学の声楽科でテノールを専門的に学びました。
学生時代には、本屋さんでアルバイトしていたそうです。
本屋さんを選んだ理由は、人との会話が少なくのどを守れるからだといいます。
学生時代から、音楽家としての意識が高かったことがわかるエピソードです。
学生の頃は、クラシック以外の活動は少しも考えていなかったと話します。

そんな田代さんの転機となったのが、ヴォーカルグループ「ESCOLTA」です。
ESCOLTAは、ポップス・クラシック・ミュージカルのジャンルから集まった3人で結成されています。
オーディションに合格したメンバーによって、2007年にCDデビューを果たしました。

さらに、ロンドンでの初演をみたことがきっかけで、ミュージカル「マグリット」にも出演を決めます。

しかし、ESCOLTAでもミュージカルでも予想外の問題に直面します。
どちらも、基本マイクを使うため、クラシックとは発声の仕方が根本的に異なっていたからです。
これまでオペラの勉強で培ってきた美しい声の出し方は通用せず、表現力の方が求められていました。

そこで田代さんは、ミュージカルの理想とされる歌い方を徹底的に研究し、学ぶことにします。
そして、知れば知るほどミュージカルや洋楽、それらの歌い方を好きになっていきました。
「いかにして自分がやるべきことを好きになるかが、壁を乗り越えるコツ。その後も何度も壁にぶち当たったが、この方法で突破してきた」と話します。

ミュージカル俳優として活躍している背景には、意外な苦労もあったようですね。
「自分がやることを好きになる」考え方はとても素敵で、田代さんのひたむきな人柄を表しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

現在はミュージカル俳優だけでなく、元々の専門だったオペラやポップスの歌手にも活動の幅を広げています。

田代さんは、ミュージカル俳優の魅力について、「実在の人物を演じること。さまざまな人生を体験でき、違う時代へも行けて楽しい」と話しています。
自分が演じる役の情報を集め、稽古で演じるときには、その人物の思考回路になることを心がけています。
演じる人物の思考回路になりきるのは、田代さんの豊かな表現力の秘訣だといえるかもしれません。

クラシックやミュージカルとジャンルを絞らず活動している田代さんですが、将来の具体的な目標は決めていないと言います。
「特定のゴールを決めず、常に未来の自分が楽しみな自分であり続けることを目標にしている」と話す田代さんの今後にも注目していきましょう。

以下にこれまで出演した作品や受賞歴をまとめます。

  • 1996年:オペラ「マクベス」のフリーアンス王子役に抜擢
  • 2001年:オペラ「二人の心はワルツを奏で」フレッシュマン役
  • 2003年:大学在学中にオペラ「欲望という名の電車」ヤングコレクター役で本格的にオペラデビュー
  • 2009年:ミュージカル「マグリット」のアルマン役でミュージカルデビュー
  • 2013年ミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」
  • 2014年ミュージカル「スリル・ミー」
  • 2015年:ミュージカル「エリザベート」
  • 2017年:ミュージカル「グレート・ギャツビー」
  • 2017年:こまつ座「きらめく星座」
  • 2021年:ホリプロ60周年ミュージカル「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」バタフライ/雪の中の天使

2014年:「トゥモロー・モーニング」のジョン、「スクルージ」のハリーと若き日のスクルージの役に対して第39回菊田一夫演劇賞を受賞

結婚している

田代さんは、2019年5月に女優でアパレル会社を経営する咲嬉さんと結婚しています。
子供に関する情報は見つけられませんでした。

H2歌手としての実力や評判
評判をYouTubeから集めました。

・魂に響く声!田代さん、素敵です。

・可愛い顔に似合わず男らしい声😍

いい意味でギャップがありますね♪(*^^*)♪

・少年漫画の主人公みたいな王道感溢れる正統派って感じのこのテノールがとても好きです。

・透明な声で、とっても素敵です。

力強さもありながら、透明感のある声が評判のようです。
またミュージカルをやっていることもあり、表情も豊かだと感じました。

YouTubeには、クラシックやミュージカルはもちろん、ポップスを歌っている動画もあるので田代さんの幅広い表現を楽しみたい方はぜひ見てみてください。

まとめ

今回は、ミュージカルやオペラで活躍している田代万里生さんを紹介しました。
作品とひたむきに向き合い、心に響く歌声と豊かな表現力で多くの人を魅了する高い実力をもった歌手です。
2022年も2月から舞台「ラビット・ホール」の出演を控えているので、今後の活動にも期待していきましょう。

👉〔amazon〕田代万里生のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 564 times, 3 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)