ソプラノ歌手森谷真理のプロフィール。結婚してる?誰に師事している?歌手としての実力と評判は?

出典:森谷真理オフィシャルサイト

数々の国際コンクールで優秀な成績を残し、天皇陛下の即位を祝う国民祭典で国歌独唱を務めたソプラノ歌手の森谷真理さんの生い立ちや歌手としての実力・評判などをご紹介します。

プロフィール・現在の活動

  • 名前 森谷 真理(もりや まり)
  • 生年月日 1978年生まれ
  • 出身地 栃木県小山市
  • 出身校 武蔵野音楽大学声楽科卒業
  • 同大学院声楽専攻首席卒業
  • アメリカに渡り、マネス音楽院プロフェッショナルスタディーズコ ース修了
  • カテゴリー ソプラノ歌手、小山評定ふるさと大使、とちぎみらい大使

生い立ち・誰に師事している?歌手としての実力と評判は?

ソプラノ歌手として、海外・国内で活躍をしている森谷真理さんは1978年に栃木県小山市にて誕生しました。

両親と弟、父方の祖父母の6人家族というにぎやかな家庭環境でのびのびと育ちました。父親は会社員、母親の森谷和子さんはプロのオペラ歌手として地元のコンサートで歌ったり、大学の幼児教育科で生徒に対して教えていたりもしていたそうです。自宅では、お弟子さんにも教えていたため、物心が付く幼い頃から自然と音楽に触れ、音楽家の基礎をプロのオペラ歌手であり、母親である森谷和子さんから教えてもらっていました。

小さいころは1人でいることが好きなタイプの子供で、本ばかり読んでいたそうです。本好きである父が、週末になると毎週のように 図書館へ連れて行ってくれ、大量に借りた本をジャンル問わず、読んでいた思い出を、森谷真理さんが語っています。

母親のコンサートや市民オペラを観て育ったピアノを森谷真理さんは、幼い頃からクラシックになじみがあったため、5歳にはピアノを習っていました。小学生の頃には吹奏楽学部
に所属し、音楽に関わる部活動で励んでいましたが中学に進学すると科学部に入部し、ピアノも15歳の頃にやめてしまいました。ピアノをやめてしまったのは、母親に対する反抗期の影響だったようです。

高校に進学後は演劇部に入部し、男役をメインに演じていたようです。進路を決めるタイミングで母親からの勧めで、ピアノの先生との出会いもあり、音楽大学への進学を決意することとなります。高校卒業後は、数多くのアーティストや演奏家、歌手を輩出しており、母親である森谷和子さんの母校でもある武蔵野音楽大学へ進学しました。大学生時代は平良栄一さんと高柳佳司さんに師事し、主にベルカントのレパートリーを教わる毎日。日々、講師からの厳しいレッスンを受けながら栃木県小山市にある自宅から片道3時間かけて埼玉県入間市のキャンパスまで、3年生の頃には2時間程かけて東京都練馬区のキャンパスまで通学をする過酷な大学生生活を送っていたようです。

スポンサーリンク

大学卒業後は大学院へ進学し、首席で卒業。その後はアメリカ・ニューヨークのマネス音楽院へ留学し、ソプラノ歌手のルース・ファルコンさんに師事。留学2年目にメトロポリタン・ナショナルカウンシルオーディションオペラでファイナルリストになります。このことがきっかけとなり、オペラ界でも非常に有名な歌劇場としても知られているメトロポリタン歌劇場で2006年に公演された「魔笛」で夜の女王に抜擢され、来場された観客から圧倒的なレビューを飾り、非常に大成功の結果でデビューを果たします。

このデビューを果たしたメトロポリタン歌劇場に出演した日本人はとても少なく、森谷真理さんは5人目の日本人歌手となりました。デビュー後は欧米にある各地の歌劇場で公演を行い、2010年から4年間は音楽の都として歴史の深いオーストリアのリンツ州立劇場の専属歌手として活躍します。

長い海外生活を終え、日本に帰国した森谷真理さんの名前が日本国内でさらに知れ渡ることとなったのは天皇陛下御即位を祝う国民祭典です。テンポ・リズムが決まっておらず、伴奏もなく難しいとされる君が代を彼女の透明感の高いソプラノの歌声で見事歌われました。現在は、洗足学園音楽大学の講師として活動をされており、学生の特性や個性に合った、プロになる為に必要な知識、基礎的技術力の向上、そして表現力を身につけられるよう指導をされているようです。

森谷真理さんの歌手としての実力は、非常に高いもので第44回 マリオ・ランツア奨学金 特別賞受賞、第1回 クラ・ミューズ声楽コンクール 優勝、2006年 リーダークランツ財団声楽コンクール リューツ・リーデル賞受賞、2006年チャールズ・リーナム声楽コンクール 優勝、2007年ヴェロニカ・ダン国際声楽コンクール 優勝、2007年カーディフ・シンガー・オブ・ザ・ワールド 日本代表、コンサート賞受賞など数々の国際コンクール等でかなり優秀な成績を獲得しています。

最後に森谷真理さんの結婚情報についてですが、SNSやネット上には結婚をされた情報を見つけることができませんでした。コンサートや公演でかなり忙しくされているため、今はお仕事を中心に活動されているのかもしれません。

まとめ

今回は、幼少期の頃から音楽に触れ続け、2019年11月9日に天皇陛下の即位を祝う国民祭典で国歌独唱を務めた森谷真理さんについて、ご紹介しました。現在は日本に帰国し、学生への指導も行っているため、世界レベルの技術を学べるチャンスです。

👉〔amazon〕森谷真理のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 8 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)