ソルフェージュって何?意味や効果は?やり方はレッスン・独学どちらがいい?

ソルフェージュには、音楽や楽器を学ぶ人にとって非常に重要な効果があります。

「なんとなくピアノの先生に言われるがままに習っていたけど、結局どういう意味があったんだろう?」「ソルフェージュってやったほうが良いと聞いたけど、どういう効果があるの?」と思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

本記事ではソルフェージュの効果と、ソルフェージュをレッスン・独学で学ぶ場合のそれぞれのメリットをご紹介します。

ソルフェージュとはどういうもの?

ソルフェージュ(solfège)とは、音楽表現や理論を理解するために必要な基礎訓練のことです。

日本ではピアノ等の楽器のスクールで、ついでに講師から手ほどきを受けることが多いでしょう。場合によっては省略されることもあるかもしれません。

音楽発祥の地の欧米では古くからソルフェージュは重要視されていました。音楽を学ぶ人は、楽器の演奏に必ず付随する学習なのだそうです。

音楽を深く理解して表現豊かな演奏をするためには、初心者・上級者に関わらずどのレベルの人にとってもソルフェージュは欠かせない勉強です。

それでは、ソルフェージュの具体的な内容や効果について見ていきましょう。

ソルフェージュで扱う内容

ソルフェージュは多様な手法を通して音楽の基礎を深めていきます。

主には以下の内容です。

【聴音】

旋律を耳で聴き取って五線紙に書き起こすこと。いわゆる耳コピ。基本的には音部記号や拍子などの条件が初めに提示されたあとに、ピアノの演奏を聴き取り、記譜する。音を正確に聴き取り、正しく書き起こす力が求められる。

【新曲視唱】

初見の楽譜をもとに、ピアノの伴奏に合わせて歌唱すること。歌詞は無く「ドレミファソラシド」の音階で歌う。楽譜を先へ先へと読み進める必要があるため、スピーディに楽曲全体を把握する力が求められる。

【楽典】

音楽の理論を座学で学習するもの。音名や記号はもちろん、和音や音階、移調の理解も必要。作曲者が楽譜に残した意図やメッセージを理解するには必要不可欠な知識。テキストや問題集を通して学習する。

この3つがメインですが、他にもリズム練習や初見奏などが用いられることもあります。

ソルフェージュの意味や効果

上述のように、多くの手法を通して音楽の基礎理解を深めていくソルフェージュ。一見すると個別の意味や効果のために学んでいるのかと錯覚してしまうかもしれませんが、共通して以下の効果があります。

・速やかに読譜する能力が身につく
・音楽表現が鍛えられる
・楽譜に書いてあることを正しく表現する力が身につく

楽典などの本を読んで、音の高さや長さなどを理屈で理解することは案外難しいことではありません。

しかし、知識として「わかる」を、反射的に「使いこなす」ようにするためには専門のトレーニングが必要になります。

耳で聞き取った音楽を記号化すること(聴音)や、目で見た楽譜を正しい音程で声に出すこと(新曲視唱)は、音楽を理屈で「わかる」だけでなく「使いこなす」ための技術が備わっている必要があります。

ソルフェージュの勉強法

ソルフェージュを学ぶには、プロの講師のレッスンに通って直接習う方法と、自宅で独学で行う方法があります。それぞれのメリットをご紹介します。

ソルフェージュをレッスンで学ぶメリット

レッスンで学ぶメリットは、やはり専門的な知識を有する講師から正しい知識を直接教わることができるという点にあります。

スポンサーリンク

特に新曲視唱では、素早い譜読みはもちろんですが、リズム感や歌唱のピッチの正確性も重要です。自分が声に出している音程がどのくらいずれているのかは、やはり第三者に評価してもらうことが、早く音感をつかむコツです。

楽典に関しても、通常演奏するのに見慣れている音楽記号や音階の知識程度は独学でも自然と身につくかもしれませんが、和声や移調の専門的な理論に関わる部分はテキストの読み込みだけでは理解が難しいこともあるでしょう。1人で問題集や解説を眺めて苦戦するよりは、教え慣れているプロの講師に教わるほうが結果として早い知識定着が望めます。

ソルフェージュを独学で学ぶメリット

独学で学ぶ大きなメリットは、好きな時に好きな場所で勉強でき、なおかつ費用も抑えられるという点にあります。

当然のことですが、講師のレッスンを受けるとなれば、月謝と呼ばれる受講費用がかかります。もちろん、多い日数・時間を受講するほど費用は発生していきます。

専門的な技術や知識がある講師にレッスンを受けたい……でもコストを考えるとそんなに多い回数はレッスンに通えない。でも週1の数時間のレッスンでは時間が足りない、という場合には、ぜひ独学で学習する機会をプラスして設けたほうがいいかもしれませんね。

中には独学だけでソルフェージュを学びたい、という方もいらっしゃると思います。

結論としては、100%不可能ではないですが、慣れるまでの入り口部分はレッスンを受けることをおすすめします。

新曲視唱を独学で行った場合、視唱力そのものの客観的な評価についてフィードバックを受けることはできません。自分で歌っているときには、なかなか正しい音程かどうかというのは自覚しにくいものです。最低限、正しい音感やリズム感をつかめてくるまでは第三者に指導を受けることが望ましいです。

聴音に関しても独学向けの教材はありますが、正しい記譜の仕方について知らなければ、いくら聴音のトレーニング用の音源を聴いても正しく楽譜に書き起こすのはできないでしょう。

一方で、楽典に関しては座学で学ぶ部分が多いため、テキストを用意できれば独学でもある程度学習できると思います。

土台となる基礎部分の知識や音感については、自己流でトレーニングをした結果、変な癖が定着してしまう前に、レッスンをしっかり受けることがおすすめです。

正しい音程や記譜のルール、楽譜への基礎理解を備えた後に、補完する形でうまく独学の時間を作ることが効果的な学習に有効でしょう。

まとめ

ソルフェージュは音楽の基礎理解を深めたり、音感を鍛えたりするのに必要な学習です。

レッスンに通う方法と独学で学ぶ方法どちらもありますが、初心者のうちは正しい音程や記譜のルールを学ぶために、レッスンを受けることが効果的な学習につながります。

昨今、独学でソルフェージュができるように様々な教材が用意されています。レッスンを受講して、どうしても学び足りない部分については独学で補うようすると効率良く学べるでしょう。

ソルフェージュは反復の訓練です。はじめのうちから自己流で学習していくと、知らず知らずのうちに偏った音感が身についてしまったり、間違った方法で記譜する癖がつくということも考えられます。もし独学で分からないことや心配なことがあれば、すぐに頼ることのできる講師を見つけておくことも大切ですね。

ソルフェージュは音楽を学びたい人には非常に意味のある学習です。ぜひ自分に合った学習法で、ソルフェージュを勉強していきましょう。

👉[amazon]ソルフェージュの関連書籍はこちら。

>>ソルフェージュのレベル。音高・音大受験を目指すのに必要な勉強法は?

 

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)