フランソワ・クープランってどんな人?その生涯は?性格を物語るエピソードや死因は?

出典:[amazon]フランソワ・クープラン:2台のハープシコードのための作品集 第1集(François Couperin: Les Nations – )

フランソワ・クープランはフランスのバロック時代に活躍した作曲家です。クープラン一族はJ・Sバッハの家系と同じく高名な音楽一族として知られ、叔父のルイ・クープランもバロック時代に活躍した音楽家でした。今回紹介するフランソワ・クープランは、クープラン家の中でも特に突出した作品を残したことから、今日では「大クープラン」と称されています。そこで今回は、クラヴサンの分野で多大な作品を残し、後のドビュッシーやラベルに影響を与えたフランソワ・クープランの生涯について解説します。

フランソワ・クープランの生涯

フランソワ・クープランについて紹介します。今から約350年前の人物ということもあり資料は限られていますが、バロック音楽を代表する人物として、当時から重要な役割を果たしたようです。

幼い頃から音楽的才能を開花

フランソワ・クープラン(以下クープラン)は、1668年にフランスに生まれました。父・シャルル・クープランがパリのサン・ジェルヴェ教会でオルガニストを務めていたことから、おそらくクープランもパリ生まれだと推測できます。父・シャルルは当時のフランス音楽を牽引する音楽家の1人、ルイ・クープランの弟であり、シャルルはルイの後を継いでサン・ジェルヴェ教会のオルガニストを任されています。

音楽一家の子供として、幼い頃から音楽教育を受けていたであろうクープランですが、クープランが10歳のときに父・シャルルがこの世を去ります。父の後を継ぐには当時のクープランは幼すぎましたが、教会はクープランが18歳を迎えたときに父の仕事を引き継ぐことを承認し、その時までミシェル=リシャール・ドラランドが教会オルガニストを務めることになりました。

その間、クープランは国王のオルガニストとして著名だったジャック・トムランから音楽教育を受けています。

父の後を継ぎ教会オルガニストとなる

18歳でサン・ジェルヴェ教会のオルガニストを引き継ぐ予定だったクープランですが、実際にはそれよりも早い17歳で就任し、1685年から1723年までの38年間にわたり同教会でオルガニストを務めています。クープラン家として順調な道を進み、1689年にマリ=アンヌ・アッソーと結婚。1690年には最初の作品である「オルガン・ミサ」を出版しています。若くしてその才能を発揮したクープランは、1693年から太陽王ルイ14世の命により、国王のオルガニストとして王宮に出入りするようになりました。

太陽王のお抱え宮廷音楽家に就任

国王お抱えのオルガニストに就任したクープランは、音楽教師として王族にクラヴサンを教えています。またこの頃のクープランはオルガニストとしてだけではなく、宮廷作曲家としても活動し始め、室内楽や宗教音楽も任されるようになりました。

18世紀に入ると、クープランは作曲活動を活発に行い、1713年に最初のクラヴサン曲集「クラヴサン曲集第1巻」を出版。アルマンド・クーラント・サラバンド・ジーグで構成された伝統的な組曲構成になっているものの、クープランの描写的標題のついた画期的な作品集として、貴族の間で流行したそうです。
また「クラヴサン曲集」は、イタリアの作曲家コレッリのトリオソナタ形式をフランスに導入した作品としても知られており、この点においてもクープランは西洋音楽史において重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク

晩年

宮廷音楽家として成功したクープラン。晩年も積極的に作曲活動に従事し、1730年「クラヴサン曲集第4巻」を完成させ、3年後の1733年、64歳でその人生を終えました。「クラヴサン曲集第4巻」の序文には次のような文章が添えられていたそうです。

「3年ほど前にこれらの作品は書き上げられた。しかし私の健康は日々弱るばかりなので、友人たちは仕事を休むよう忠告してくれた。それでその後何も大きな仕事をしていない。諸賢が今日まで私の作品に喝采を送らんとせられたことに御礼もうしあげる」

ここで体調の悪化について言及されていますが、残念ながら具体的な死因についてはわかっていません。クープランの死後、その作品の多くは忘れられてしまいましたが、19世紀中頃に再評価されたことがきっかけとなり、現在ではフランスバロック期を代表する作曲家として認知されています。

フランソワ・クープランのエピソード

クープランのエピソードにはどのようなものがあるのでしょうか。簡単に紹介します。

出版した「クラヴサン奏法」が広く伝わる

 

[amazon]クラヴサン奏法 フランソワクープラン

生涯で4冊の「クラヴサン曲集」を出版したクープラン。抒情的で優雅なクープランの作品は人気を博し、1714年から1715年にかけて毎週日曜に宮廷で音楽会が開催されるほどでした。

クープランは作曲や演奏会の仕事以外にも、クラヴサン学習者へ向けた「クラヴサン奏法」という教本も出版しています。内容は演奏時の姿勢や幼い生徒への教授法、運指と装飾音などの解説だったそうです。そしてなんと、音楽の父・バッハやヘンデル、テレマンなどもこの本を読んで勉強したと言われています。これは、クープランが教師としても一流の才能を持っていたことがうかがえるエピソードですね。

まとめ

今回はクープランの生涯について解説しました。クープランの作品には情緒的でゆったりとした作品が多く、聞く人の心を安らぎの世界に導いてくれます。クープランは膨大な数のクラヴサン作品を残しており、その作品群は現在でも演奏機会の多いものとして人々に愛されています。ピアノとは違い、迫力という面では劣っているかもしれませんが、クラヴサンの音色は癒しを与える音色です。youtubeなどでもたくさん出ていますので、興味のある方はぜひ一度聞いてみてください!

👉[amazon]フランソワ・クープランのCDはこちら。

>>フランソワ・クープランの楽曲の特徴及び評価。おすすめ代表作3選

 

人気のレコード・CD買取おすすめ

送料無料の【宅配買取】アナログレコード専門の買取サービス『BeeRecords(ビーレコード)』

:

BeeRecords(ビーレコード)はアナログレコード専門の買取サービスです。段ボールに詰めて送るだけで、かかり費用はなし!断捨離をするなら是非おすすめ!

対象ジャンル洋楽ロック・ポップス / クラシック / ジャズ / ジャパニーズポップスR&B / ソウル / ヒップホップ / クラブ / ワールドミュージック / レゲエ / アニメソング/ブルース / ゲームサントラ / ニューエイジ)

CD/DVDの買取なら『DVD・CD・ゲーム・本の高価買取「メディア買取ネット」』

:

DVD・CD・ゲーム・本の高価買取「メディア買取ネット」は、商品をお送りいただく際の送料・手数料はもちろん、査定に納得いかない場合の返 送料金も無料の利用者に優しい買取サービスです。

対象ジャンルdvd・cd・blu-rayゲーム・本

詰めて渡すだけの簡単買い取り【ブックサプライ】

【ブックサプライ】は、詰めて渡すだけの簡単買い取りサービス。「お試し査定」機能により、商品のバーコードをスマホで撮影するだけで事前に買取金額を調べられます。 「いくらになるか分からない」といった買取サービスにありがちな不安感がありません。フリマで売るのが面倒な人におススメです

対象ジャンル本・マンガ・CD・DVD・ゲーム

 

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 101 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)