テノール歌手笛田博昭のプロフィール。結婚してる?身長は?歌手としての実力と評判は?

出典:[amazon]Istinto-あるがままに-

日本を代表するテノール歌手であり、数々の公演を大成功に納め続けている手笛田博昭さんのプロフィールや生い立ち、歌手としての実力・評判などをご紹介します。

プロフィール・現在の活動

  • 名前 笛田博昭(ふえだ ひろあき)
  • 生年月日  1978年10月8日
  • 星座 天秤座
  • 出身地 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢字上熊野
  • 出身校 湯沢町立湯沢中学校卒業
    私立敬和学園高等学校卒業
    私立名古屋芸術大学音楽学部演奏学科声楽コース 首席卒業
    私立名古屋芸術大学大学院音楽研究科専攻修了
  • カテゴリー テノール歌手、湯沢町特別観光大使

生い立ち・結婚してる?身長は?歌手としての実力と評判は?

エネルギッシュでパワーもあり、豊かな深みのある歌声の持ち主である笛田博昭さんは自然溢れる新潟県の南魚沼郡湯沢町大字湯沢字上熊野でのびのびとした幼少期を過ごしました。

小学生、中学生の頃は、周りの同級生と変わらず、勉学に励み部活動も楽しんでいたようで、特にスキーや野球、バスケットボールにとスポーツ三昧の学生時代を送っていたようです。音楽とは無縁だった笛田博昭さんがプロのオペラ歌手を志したのは高校2年生の頃。「音楽の授業で三大テノールの映像が流れ、パヴァロッティの『誰も寝てはならぬ』に衝撃を受けた。僕もこうなりたいと思ってしまったんです」と本人が語っています。

その後、声楽の道に目覚めた笛田博昭さんは、音楽の基礎と歌の技術を学ぶためにレッスンへ通い始めます。当時は中島基晴さんに師事し、オペラ歌手にとって一番大切な発声の基礎を学んだとコメントを残しています。早々に声楽才能が磨かれ、レッスンを受け始めた翌年地元新聞主宰のコンクールに応募して、高校生の部で優勝を果たします。このコンクールでの優勝をきっかけに、進路を音楽大学入学へと決意されたそうです。

高等学校を卒業後には、愛知県の音楽大学である私立名古屋芸術大学音楽学部演奏学科声楽コースへ入学。プロのオペラ歌手はマイクを使わずに大きなホールでも隅々まで歌声を届けなければならないため、かなり高度な技術が求められるため、日々厳しいレッスンを重ね続けました。必要な発声のスキルや表現力は簡単に身に付くものではなく、「死ぬまで勉強です」と笛田博昭さん自身が語っています。

スポンサーリンク

平成15年に開催された名古屋芸術大学特別公演『トゥーランドット』カラフ役でオペラデビューを果たし、その後も『蝶々夫人』ピンカートン役、『カルメン』ドン・ホセ役、『パリアッチ』カニオ、『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ、『ナクソス島のアリアドネ』バッカス役、『トスカ』カヴァラドッシ役、『シモン・ボッカネグラ』ガブリエーレ役、『椿姫』アルフレード役、『アイーダ』ラダメス役として、多くの公演に出演します。

ホールオペラでは、『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ役、『マクベス』マクダフ役、『ドン・カルロ』ドン・カルロ役、演奏会形式の公演では、『リゴレット』マントヴァー公爵役、『運命の力』ドン・アルヴァーロ役、『ドン・カルロ』のドン・カルロなどに出演し、日本を代表するテノール歌手として、さらに名を広めていきます。

どの公演も評判が高いのですが、ベートーヴェン『第九』をソリストとして務めた際には彼の豊かでパワー溢れる歌声、魅力的な彼の存在感から、来場した観客全員を魅了した公演だと筆者は感じます。

常に勉強し、歌声の技術向上にストイックな笛田博昭さんは国内外で開催されるコンクールに出場し、第37回イタリア声楽コンコルソではイタリア大使杯を受賞、第9回マダムバタフライ世界大会1位、愛知県芸術文化選奨文化新人賞、五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞するなど各国のコンクールで優秀な成績を残し、テノール歌手としての実績を着実に残しています。

気になる笛田博昭さんの身長についてですが、インターネット上やSNSで公式に発表している身長の情報を見つけることはできませんでした。しかし、複数人で撮影されている画像を確認すると、他の男性よりも少し身長が高いと感じました。小柄な方が多い女性と比べると圧倒的に背が高いとも思いましたので、男性の身長としても少し高い分類とされる約180㎝くらいの身長ではないかと推測されます。

続いて、笛田博昭さんの結婚についての情報も検索させていただきましたが、インターネット上、SNSでの公式発表は見当たらず、交際している情報も確認することができませんでしたので、独身である可能性が高いです。

まとめ

今回はパワー溢れる力強い歌声で観客を魅了し続け、日本を代表するテノール歌手の笛田博昭さんについて、ご紹介しました。数多くの公演への出演歴、受賞歴からこれからより多くの活躍が期待される歌手の一人です。一度は、生の歌声を客席でお聞きしたいです。

👉〔amazon〕笛田博昭のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 26 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)