バイオリニスト石上真由子のプロフィール。経歴は?医学部出身?結婚してる?演奏の実力や評判は?

出典:【Amazon.co.jp限定】〔Opus One〕ヤナーチェク: ヴァイオリン・ソナタ(メガジャケ付)

バイオリニストとして活躍中の石上真由子さん。バイオリニストとしては珍しい経歴の持ち主です。今回はそんな石上真由子さんについてお調べしました。

プロフィール

  •  名前 石上真由子(いしがみまゆこ)
  • 生年月日 1991年
  •  出身地 京都府京都市
  • 出身大学 京都府立医科大学卒業
  • カテゴリー バイオリニスト
  • レーベル 日本コロムビア

経歴~音楽大学でなくて医学部出身?

石上真由子さんは1991年に京都市で生まれました。幼少期のころにエレクトーンを習い始めたのですが、エレクトーンのレッスンが嫌でエレクトーンから逃れるためにバイオリンを始めたのだそう。それでもバイオリンのレッスンも嫌だったのですが、8歳のころ、ローマの休日に憧れていた石上真由子さんは「スズキメソード」のオーディションに受かればローマに行けるということを餌にバイオリンを頑張ったとのことです。

しかし、ローマでは弦楽合奏も経験して、アンサンブルの面白さに目覚めて、バイオリンを本格的に頑張るきっかけになりました。
そこで火が付いた石上真由子さんはローマからの帰国後、佐渡裕さんに会いたくてスーパーキッズ・オーケストラの1期生オーディションにもチャレンジして、見事合格します。
子供の情熱はすごいですね。

そのバイオリン熱が開花したお陰で、2008年の第77回日本音楽コンクールで第2位を受賞します。本選でのブラームスの協奏曲は、石上真由子さんの名を全国に轟かせたといっても過言ではありません。それほどインパクトのあった演奏でした。
その時ブラームスをあまり理解していなかった石上真由子さんですが、その時レッスンを受けていた先生が音楽だけでなく、哲学なども交えてたくさんお話ししてくださる方だったので石上真由子さんはとても影響を受けたそうです。
バイオリニストとして未来が楽しみな石上真由子さんだったでしょう。おそらく、周囲の人たちは「音大への道」に進むだろうと思っていたに違いありません。

しかし、バイオリニストへの夢より先に「お医者さんへの夢」があったのだそう。石上真由子さんは子供のころ通っていたクリニックの先生と「お医者さんになる」という約束をします。その夢を叶えるべく音大ではなく医大を目指しました。

「約束したことは、守る」というポリシーを守って医大に入学するなんて、なんて律儀なお子さんだったのでしょう。石上真由子さんは大学一年生の時に、第7回ルーマニア国際音楽コンクール最優秀賞を受賞しました。医大で勉強しながら国際コンクールで最優秀賞を受賞するなんて、天は二物を与えずずとは無縁の話ですね。

医大では腫瘍の手術に興味を持ち、消化器外科を希望して一生懸命勉強しました。ところが6回生のときいくつかの研修先も見つけていたにもかかわらず、お医者さんになったら音楽ができなくなると思い、お医者さんの道を断念します。
ヴィオラ奏者の大山平一郎さんが「あなたは音楽家になるべき人だ」と背中を押してくれたことも大きく影響していると言います。
こうして石上真由子さんは本格的にバイオリニストとしての道を歩むことになりました。

スポンサーリンク

卒業後は、2015年第5回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第4位受賞。2016年第14回チェコ音楽コンクールヴァイオリン部門第1位受賞。2017年9月バルトークコンクールにて特別賞受賞。
2019年には京都市芸術新人賞受賞、音楽クリティック・クラブ賞 奨励賞受賞、大阪文化祭賞奨励賞受賞、第29回青山音楽賞 青山賞受賞 2021年度音楽クリティック・クラブ賞奨励賞受賞など数々のコンクールや活動に対しての賞を受賞しています。
音楽大学に行かずして数々の賞を受賞し、バイオリニストとして活躍中です。

石上真由子さんのバイオリニストとしての実力

石上真由子さんは、バイオリニストとして、NHKテレビで放送されたドキュメンタリーに出演経験があります。
交響楽団とは、東京交響楽団、東京都響交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、ブラショフ国立交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、セントラル愛知交響楽団など、国内外で多数の共演を果たしています。

また、ソロ活動と共に、京都市交響楽団や大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、愛知室内オーケストラなどに客演首席として出演するほか、長岡京室内アンサンブル、アンサンブル九条山のメンバーとしても活躍中です。
2018年1月、京都を中心に室内楽のコンサートを行うEnsemble Amoibeシリーズを立ち上げ、京都・東京各地で公演活動をしています。

2019年1月、日本コロムビアの新レーベルOpus OneよりCD『ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ』をリリースしました。その他にもCDリリースし、多くの人の心に音楽を届けています。
また、日本フィルハーモニー交響楽団との共演も予定されていて楽しみです。
このようにバイオリニストとして活発に活動されています。

石上真由子気になる私生活について。結婚してる?

このように何をしても完璧にこなしている石上真由子さんの私生活はどうでしょうか?
結婚に関しては情報がなく、独身のようです。
一番のハマりものは「歌舞伎」とのこと。大きな仕事を終えたときにご褒美として歌舞伎を見に行くそうです。歌舞伎座に行くために東京に引っ越してきたといっても過言じゃないくらいハマっています。
音楽と通じていると思うこともたくさんあるそうで、趣味と実益をかねてと言いつつ月に一度は行っているそう。すごいハマりようですね。
また、ヴィンテージの洋服も大好きで海外に行ったら古着屋さん巡りが楽しみなのだそう。
みんなとワイワイ飲んだり食べたりするのも楽しいとのことで私生活もとても充実されています。

まとめ

石上真由子さんについてご紹介してきました。
医大卒業しながらバイオリニストとしてご活躍。とても異色に思っていましたが、経歴を紐解いていくと石上真由子さんの人柄が見えて、どちらも今の石上真由子さんに大切な経験だったということがわかりました。
これからのご活躍が楽しみです。

👉[amazon]石上真由子さんのCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 4,155 times, 9 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)