ピアニスト長富彩のプロフィール。経歴は?結婚してる?演奏の実力や評判は?

出典:[amazon]Scenes -12の情景-

長富彩さんはピアニストとして活躍されています。そんな長富彩さんの気になる事を調べました。長富彩さんの魅力をお伝えしていきます。

プロフィール

  •  名前 長富彩(ながとみあや)
  •  生年月日 1986年11月19日
  •  出身地 埼玉県さいたま市
  •  カテゴリー ピアニスト
  •  レーベル 日本コロムビア

経歴

長富彩さんは、1986年11月19日埼玉県さいたま市に生まれました。
お父様はオペラ歌手、お母様はピアニストというサラブレットです。お腹の中にいる頃からお父様のこだわりの音楽を聴いていたとのこと。

また、家には常に音楽がかかっている環境でクラシックだけでなくマンボやタンゴを聴いては踊っているお茶目な女の子でした。音楽を志す身としては最高の環境ですね。

ところが、ピアニストであるお母様は当初は長富彩さんにピアノを教えるのは辞めようと思っていたそうです。
それはピアニストとして子供にも厳しくしてしまいそうで、それを避けるためでした。

しかし、ピアノを弾いているお友達の周りにみんなが集まってくるのをみて「自分もピアノが弾けたら人気者になれる!」と思い、ピアノを教えて欲しいとお母様に嘆願し、始めたそうです。

ピアノを始めたところ、小4で師事した御邊典一先生から「10年に1人の人材」と言われ、ピアニストとしての感性を養うレッスンを受けて、今の長富彩さんの基礎が作られました。
長富彩さんはコンクールに出る代わりに、小学生のころから自分のリサイタルを開き、プログラムから自分で考えるということをしてきたそうです。そういう意味では異端児と呼べるかもしれません。
しかし、そういった環境でピアノを学びながら、素晴らしい感性が養われていくのです。

2002年、東京音楽大学付属高等学校のピアノ演奏コースに特待生奨学金を得て入学。その試験は超難関で、合格者は長富彩さんただ一人でした。
さすがですね。

長富彩さんは、2005年に同高校を卒業。高校卒業後は、日本の大学に行かずにハンガリーのブタペストに留学します。
リスト・フェレンツ音楽大学の教授であるジョルジュ・ナードルに2年間レッスンを受けたそうです。
ブダペストでは、とにかく音楽と向き合う毎日だったと留学の日々を振り返っています。

長富彩さんがそこで一番学んだのはベートーヴェン。
長富彩さんは、日本では感性をとても大切にしてきました。しかし、感性だけでベートーヴェンに向き合うのは行き詰るとアドバイスをもらったそうです。

ベートーヴェンは多くのルールがあって、そこをしっかり理解するということをジョルジュ・ナードル先生に習いました。

長富彩さんはそのおかげで今ではベートーヴェンが自分にとって大切な作曲家になったそうです。
長富彩さんのベートーヴェンはとても心に響きますね。

その後、2008年に長富彩さんはアメリカに拠点を移します。ニュージャージー州・プリンストン大学でエドナ・ゴランスキー先生にターブマン奏法を学びました。

ターブマン奏法とは、優しいピアノ奏法で、腱鞘炎になりにくいと言われている奏法です。
若くしてその奏法を習得できたことはピアニストとしては百人力ですね。

長富彩さんは、2009年、ニューヨークのスタインウェイホールにてリサイタルを行い満員御礼だったそうです。
若くして素晴らしい体験をされました。
とはいえ、ニューヨークでは、受け身ではダメ、自分から掴みにいくことを強いられた日々だったと語っています。

アメリカで多くの体験をしてピアニストとして大きく成長されたのでしょう。
帰国後は、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、大阪交響楽団とピアノ協奏曲を共演し大変好評だったようです。

長富彩のピアニストとしての実力

長富彩さんはハンガリー、アメリカで音楽の修行をしてきました。
元から持っていた感性を大切にする音楽から、作曲家を知ってその感情に近付き、更に奥深いピアノの演奏をされていると思います。

YouTubeなど動画を見ると、決して大きな手ではないのに余裕を持った弾き方をされていて圧巻です。
これまでに上海クァルテット、ウェールズ弦楽四重奏団ほか、数々のソリストなど、多くの有名な方々との共演も果たしています。

スポンサーリンク

また、CDのレビューなどを読んでも皆さん、期待以上、繰り返し何度も聞いているなど一般の方からの評判もいいです。コロナ禍においてなかなか活動が難しくなり、YouTubeチャンネルも開設されています。

出典:『Stabat Mater(悲しみの聖母)~ウクライナへの祈り~』作曲 林晶彦  (Akihiko Hayashi) – YouTube

長富彩の気になる私生活について。結婚してる?

長富彩さんは2014年3月4日にPermanentFishのTosea(トッシー)さんと結婚されています。PermanentFishとは神戸を拠点に活動したアカペラグループで、2005年6月19日結成、2019年4月30日にすでに解散しています。
2019年4月には女の子も誕生されていて幸せな家族生活を送られているようです。

Instagramでは旦那様のToseaさんが長富彩さんの伴奏でクリスマスソングを披露されているほほえましい投稿もあります。

お子さんの声も入っていて幸せ溢れる動画です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

長富彩(@nagatomiaya)がシェアした投稿

出典:長富彩(@nagatomiaya) • Instagram写真と動画

まとめ

ピアニスト長富彩さんについてお伝えしました。キュートな顔立ちと素敵なピアノ演奏でYouTubeやインスタにも映えます。
お子さんを子育てしながらの活動は大変そうですが、感性を大切にするピアニストとしてそういった体験も合わさりさらに深い演奏が聞けることを楽しみにしています。

👉[amazon]長富彩のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 558 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)