バイオリニスト小林美恵のプロフィール。経歴は?結婚している?使用楽器・演奏の実力や評判は?

出典:[amazon]J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ BWV 1001-1006

今回は、日本を代表するバイオリニストとしてする活躍するいする一方後世の指導にもせっ積極的に取り組まれているこばや小林美恵さんについてまとめました。いっ一体どんな経歴をお持ちなのでしょうか。

プロフィール

  • 名前 小林美恵(こばやしみえ)
  • 生年月日 1967年3月12日(54歳)
  • 出身地 愛知県
  • カテゴリー バイオリニスト
  • 出身大学 東京藝術大学
  • 所属 昭和音楽大学音楽学部 客員教授
    ジャパン・アーツ
    アンサンブルofトウキョウ

経歴

小林美恵さん(以下小林さん)は、1967年に愛知県にて生まれます。4歳からヴァイオリンを始めたそうですが、どのような経緯があってヴァイオリンを始めたのかは公言されておりません。また、幼少期、学生時代をどのように過ごされていたのか詳しく明記されているものも残念ながら見つけることができませんでした。しかし、小林さんは高校からすでに東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学し、ヴァイオリンを専門に音楽の勉強をしているため、幼少期は音楽に溢れた生活を送っていたことと思います。

小林さんは、高校時代ですでに数々の賞を受賞しているのでこの時点で高いヴァイオリンの実力を持っていたことと思います。

そして、高校卒業後は東京藝術大学に進みます。大学でも小林さんのヴァイオリンの実力は開花し続けますが、国内のコンクールに止まらず国際コンクールにと積極的に出場し続けます。

大学卒業後も数々のコンクールに積極的に参加し続けて、ロン=ティボー国際コンクール、ヴァイオリン部門で日本人初の1位も獲得しています。

ロン=ティボー国際コンクールにて日本人初を快挙してから、小林さんは本格的に演奏活動を開始します。個人でのソロの活動は勿論、室内楽、ソリスト、レコーディングなど様々な活動を通して小林さんのヴァイオリンの魅力を全世界に伝えています。他にも、国内に限らず世界的にも有名なオーケストラとの共演も果たしています。例えば、ハンガリー国立交響楽団やプラハ交響楽団との共演により、世界中で小林さんのヴァイオリンの評価は高くつきました。

また、2010年にはロン=ティボー国際コンクールのヴァイオリン部門の審査員としても招かれています。
他にも、2015年にはデビュー25周年ということで2017年の2年間の間に6回のリサイタルシリーズを行い、CDも数多くリリースしています。
現在は、小林さん自身のソリストとしての活動よりも昭和音楽大学の客員教授にて後世の指導にも積極的に取り組まれています。

スポンサーリンク

主な受賞経歴

  • 日本音楽コンクール 第2位
  • 海外派遣コンクール 河合賞
  • シュポア国際ヴァイオリンコンクール 第2位、ソナタ賞
  • ルートヴィヒ・シュポア国際ヴァイオリン・コンクール 第2位
  • ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門 第1位(日本人初)

結婚している?

小林さんの結婚に関してですが、残念ながら情報を見つけることができませんでした。また、情報を見つけることができなかったのにプラスしてネット上での憶測等も見つけることができませんでした。そのため、小林さんは現時点で結婚はされていないと思います。4歳からヴァイオリンをやっていると言うことでヴァイオリン以外を考える時間が小林さんにはないのかもしれませんね。個人での活動にプラスして後世の指導にも取り組まれている小林さん。自分の時間を必要としているのかもしれませんね。

使用楽器・演奏の実力や評判は?

小林さんが使用されているヴァイオリンは、ストラディヴァリウス「ナド=クーレンカンプ」(1734年製、所有は昭和音楽大学)を使用されています。このヴァイオリンは、270年にも渡り、パリ音楽院の名教師ナドーやヴァイオリン奏者なら誰もが知っている有名バイオリニストのゲオルク・クーレンカンプが使用されていたストラディヴァリウスです。このヴァイオリンの特徴としては、ほかのヴァイオリンに比べて構造が一ミリほど大きく作られているそうですが、なぜ大きく作られているのか理由は定かにはなっていません。

小林さんの演奏の実力については、高いヴァイオリンの実力を持っていると思います。理由とさては、数々の受賞経歴が第一に考えられます。日本人初の第1位を獲得されていますし、国内に限らず国際コンクールにも出場されています。その、国際コンクールでも上位にランクインされているので、日本人に限らず世界中の方々に小林さんのヴァイオリンの実力は認められていると言っても過言ではないほどの成績を残しています。

小林さんの評判に関しても実力同様に高い評判が日本に限らず世界中で得ていると思います。理由は、先程同様に受賞経歴は勿論、ヴァイオリン奏者なら一度は夢を見るストラディヴァリウスを使用されていたり、国際コンクールの審査員、数々の有名オーケストラとの共演など小林さんの評判が高い理由は沢山出てきます。

このように、小林さんはヴァイオリンの実力も認められており高い評判が世界中で得ていると思いますよ^ ^

まとめ

今回は、日本を代表するバイオリニストとして活躍されている小林美恵さんについてまとめました。小林さんの演奏は迫力があると高い評価も得ています。今後の活躍にも期待大ですね!

👉〔amazon〕小林美恵のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 171 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)