ソプラノ歌手中丸三千繪のプロフィール。結婚してる?実家は?歌手としての実力と評判は?

出典:[amazon]世界のディーヴァ 最新ベスト

ソプラノ歌手として世界的に活躍する中丸三千繪さんについて、さまざまな角度から調査しました!

プロフィール

  • 名前 中丸三千繪
  • 生年月日 1960年7月24日
  • 出身地 茨城県筑西市
  • カテゴリー ソプラノ歌手

経歴

中丸三千繪さんは茨城県の筑西市で生まれました。実家は衣料店を営んでいたそうです。宝塚に入りたかったという母親の影響で、幼い頃からピアノを習い音楽に触れていたといいます。

ただ、子供の頃から音楽に没頭していたわけではなく、小学校から中学3年生までは水泳に打ち込み、オリンピック選手を目指していたそうです。しかし、中学3年生の大事な大会でターンを失敗したことから、水泳の才能はないときっぱり諦めてしまいました。

音楽でなくとも、子供の頃から何かに熱中する性格だったことが分かるエピソードですね。1度の失敗からきっぱり水泳の道を断つところも、中丸三千繪さんの潔さを感じます。水泳では肺を鍛えることができたため、その後の歌手としての活動にも水泳の経験が活かされたといいます。

大学は桐朋学園大学声楽家に入学しました。在学中には、ニューヨークやザルツブルクに留学して研鑽を積んだといいます。その後はさらに研究科へと進学し、オペラ歌手としての実践演習を経験しました。

卒業後は、小澤征爾が指揮をするオペラ「エレクストラ」のオーディションに合格し、デビューを果たします。日本を代表する名指揮者に実力を認められるとはすごいことですよね。
このときに小澤征爾からイタリアに行くことを勧められたことをきっかけに、翌年イタリアに渡ります。イタリアで修行を重ねた中丸三千繪さんは、「ルチアーノ・パヴァロッティ・コンクール」で優勝し、ヨーロッパデビューを果たします。

その後も数々のコンクールで優勝を重ね、世界三大オペラ座の1つと呼ばれる「スカラ座」と契約を結びました。さらに中丸三千繪さんの勢いは止まらず、3年後の1990年には、オペラの最高峰とされる「マリア・カラス国際声楽コンクール」に出場し優勝します。このコンクールでイタリア人以外が優勝するのは、なんと史上初だったそうです。並々ならぬ努力でこの偉業を成し遂げたことが分かりますね。

その後、フランスを拠点に活動し、1997年には歌舞伎座で初めてソロリサイタルを行い大きな話題となりました。最近では、G20大阪サミットの文化行事で、野村萬斎や辻井伸行ともに歌唱を披露したことでも注目を集めました。

スポンサーリンク

デビューから現在に至るまで数々の有名オペラ作品に出演、また世界各国の著名なオーケストラと共演する中丸三千繪さん。
60歳を超えた今も、ソプラノ歌手として精力的に活動を続けています

ソプラノ歌手としての実力と評判

日本を代表するソプラノ歌手として、イタリアや日本のみならず世界各国で活躍を続ける中丸三千繪さん。
「マリア・カラス国際声楽コンクール」をはじめ、いくつものコンクールで優勝を勝ち取っていることから、その実力が本物であることは明らかです。

Youtubeでは、中丸三千繪さんの歌声を聴くことができます。

動画で歌っているのは「アメイジンググレイス」です。
誰もが一度は聞いたことのある有名な曲ですね。
しっかりと芯がありつつも透き通るような歌声は、いつまでも聴いていたくなります、
堂々とした歌い方からは貫禄をも感じますね。

Youtubeには中丸三千繪さんの公式チャンネルがあり、過去に発売したCD作品もいくつか聴くことができます。
中丸三千繪さんの美しい歌声をぜひ堪能してください。

気になる私生活とは?結婚している?

中丸三千繪さんは、どのような私生活を送っているのでしょうか?

世界各地で音楽活動を続ける中丸三千繪さんですが、なんと世界中の12箇所に自宅があるといいます。
中でもイタリアの自宅は300年以上の歴史を持つ古い家だそうで、過去にはナポレオン、ムッソリーニ、ビスマルクといった歴史上の人物が住んでいたそうです。
そんなすごい家に住んでいるのですから、相当お金持ちでリッチな生活をしていることは明らかですね。

気になる結婚については、1995年に音楽プロデューサーの加藤和彦さんと結婚していますが、5年後の2000年には離婚しています。
加藤和彦さんは「あの素晴しい愛をもう一度」を作詞するなど、日本を代表するヒットメーカーとして知られており、2009年に他界しています。
2人の離婚の理由などは明らかにされていないようです。
中丸三千繪さんはその後、2010年に医者の男性と再婚をしています。
ただ、結婚生活について詳しく話す機会はなく謎につつまれているようです。

また、中丸三千繪さんはイタリアに渡ってからワインを嗜むようになり、今ではソムリエの資格を持つほどワインに詳しいそうです。

まとめ

日本を代表するソプラノ歌手として、30年以上も第一線で活躍を続ける中丸三千繪さん。
今後の活動にさらに期待が集まります。

👉〔amazon〕中丸三千繪のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 212 times, 6 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)