ピアニスト中村芙悠子プロフィール。結婚している?ミス日本になった?演奏の実力と評価は?

[amazon]ピアノ愛奏曲集

「女神すぎる癒し系ピアニスト」とも言われている中村芙悠子さん。それもそのはず、中村芙悠子さんは、ミス日本コンテスト2016でも東日本大会にまで進出するほど端麗な美貌の持ち主です。
今回はそんな中村芙悠子さんについてお伝えしていきます。

プロフィール

●名前 中村芙悠子(なかむらふゆこ)
●生年月日 1993年1月26日(29歳)
●出身地 東京都 新宿区
●学歴 ベルリン芸術大学 在学中
昭和音楽大学 器楽学科ピアノ演奏コース
東洋英和女学院高等部
●ジャンル クラシック
●職業 ピアニスト
●担当楽器 ピアノ
●活動期間 2016年 –
●レーベル ビクターエンタテインメント

中村芙悠子さんの経歴は?演奏の実力や評判は?

中村芙悠子さんは東京都新宿区出身のピアニストです。6歳の頃ピアノを始めました。中村芙悠子さんは子供の頃からピアノに長けていたようで、ヤマハクラスターコースのピアノ演奏研究コースに属していました。

ヤマハマスタークラスは、ヤマハ音楽教室で学ぶ生徒の中で、特に優れた才能や資質を持つ生徒を対象に、高い目標を達成するために必要な環境と演奏力向上の機会を提供する目的として、国際コンクールの優勝者をはじめ、数多くの音楽家を世に送り出しています。

定期レッスンの他に、国内外の著名ピアニスト・音楽家による公開講座や公開レッスンなど、充実したプログラムで質の高い音楽教育を行っています。

中村芙悠子さんは、中学校時代よりシベリウスが好きでとても大切にしているとインタビューで語っています。音色感、輝き方、表し方が自分に合っているそうです。中学時代からこの様に意識を高く持ちピアノと向き合っていたことがわかります。

高校は音楽の学校ではなく、東洋英和女学院高等部に進みます。この学校は、文部科学省のスーパーグローバルハイスクールアソシエイト校に指定されています。スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校とは、文部科学省が指定する国際的に活躍できる人材育成を重点的に行う学校のことです。

『赤毛のアン』の翻訳で知られる村岡花子さんもこの学校で学ばれたそうで、由緒ある学校といえます。中村芙悠子さんご本人も「私は東京っ子」とおっしゃっていますが、新宿生まれで六本木の学校に通う生粋の都会っ子です。

また、中村芙悠子さんは昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミーにも所属していました。附属ピアノアートアカデミーとは、ピアニストを目指す子供たちに対して、技術や表現力の向上のみならず、各々の個性がさらに輝き、ステージに生かされるための人間性を養うことにも重点を置き、同じ目標を持つ仲間として交流を深め、互いに刺激しあいながらピアノを学ぶ場になっています。

スポンサーリンク

その成果として、在籍生はこれまでに数々の国内外のコンクールで優勝、入賞をしています。また、演奏活動では、リサイタルのほか、NHK交響楽団をはじめとする国内屈指のオーケストラや海外のオーケストラとの共演等があるのが魅力的です。

そして大学は昭和音楽大学器楽学科ピアノ演奏コースに大学4年間全額免除給費生として在学し、特別賞を得て卒業し第85回読売新人演奏会に出演しました。全額免除とは本当に素晴らしい生徒だったのですね。

そして数々のコンクールに挑戦し、成果を出しました。

●2007年 第31回 ピティナ・ピアノコンペティション F級 金賞
●2008年 第9回 ショパン国際ピアノコンクールin Asia アジア大会 コンチェルトC部門 金賞
●2009年 第14回 日本モーツァルト音楽コンクール ピアノ部門 第2位、第4回 福田靖子賞選考会 優秀賞
●2010年 第11回 ショパン国際ピアノコンクールin Asia アジア大会 コンチェルトC部門 金賞、第8回 東京音楽コンクール ピアノ部門 第3位
●2012年 ハノイ国際ピアノコンクール第2位
●2014年 第15回 ショパン国際ピアノコンクールin Asia アジア大会 一般部門 金賞、ソリスト賞
●2015年 第17回 ショパン国際ピアノコンクール

中村芙悠子さんは現在は、ベルリン芸術大学にてMi-Joo・Lee先生に師事しています。
ベルリンでの生活はインスタグラムにも綺麗な景色を載せていて充実した日々を送っている様です。

中村芙悠子さんはミスコンテストに出たの?結婚は?

中村芙悠子さんはピアノだけでなく癒される美貌の持ち主で、「ミス日本コンテスト2016」では約1,500人の中から選ばれ東日本大会(26人)に進出しています。

「最終選考には残りませんでしたが、とてもいい経験になりました。ステージの上で自分をどう表現するか、それを学んだ気がします」と、インタビューに答えていました。素晴らしい体験になったようです。

ちなみに黒目がちの可愛い目はお父様譲りとのこと。美貌の持ち主ですが、手の形やサイズにコンプレックスがあるそうです。

ご結婚についてですが、検索しても情報はありません。前述の通り現在ベルリンに留学中ですし、今は音楽活動に専念されていると思います。

まとめ

中村芙悠子さんについてお伝えしてきました。天は二物を与えずと言いますが、中村芙悠子さんは「女神すぎる癒し系ピアニスト」と喩えられるようにとても美しくまた、才能豊かなピアニストです。

今後の活動に期待したいと思います。

👉[amazon]中村芙悠子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 81 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)