オットリーノ・レスピーギの楽曲の特徴及び評価。おすすめ代表作5選

[amazon music]Ottorino Respighi : Musica per pianoforte a quattro mani

20世紀のイタリアを代表する作曲家レスピーギ。レスピーギは作曲家、音楽学者、指揮者として活躍し、「ローマ三部作」で作曲家としての地位を確立しました。また、レスピーギは学者としてもクラシック音楽の発展に大きく貢献しており、とりわけルネサンスや中世の音楽を現代に蘇らせたことでもその名が知られています。この記事では、レスピーギの作品の特徴や、おすすめ作品について紹介します。

レスピーギの作品の特徴や評価について

レスピーギの作品の特徴とはどのような点にあるのでしょうか。エピソードも加えながら解説します。

管弦楽の技法をリムスキー=コルサコフから学ぶ

音楽学校修了後、ロシア帝国劇場管弦楽団に在籍したレスピーギは、ヴィオラ奏者として演奏に参加しました。1900年から1903年にかけてロシアに滞在したレスピーギは、その間、「ロシアの5人組」の1人として著名な、リムスキー=コルサコフから5ヶ月にわたり管弦楽法を学びました。リムスキー=コルサコフとの出会いは、レスピーギの作風に大きな影響を与え、色彩豊かなレスピーギ作品の原点となったとも言われています。

また、ロシアではラフマニノフとも知り合い、「5つの音の絵」というラフマニノフのピアノ曲の管弦楽版を作曲しています。

中世の音楽を現代に復活させる

音楽学者でもあったレスピーギは、16世紀から17世紀のリュート作品の研究に没頭しました。それらを現代風にアレンジし、広く一般に周知したことはレスピーギ作品の大きな
特徴と言えるでしょう。なかでも「リュートのための古風な舞曲とアリア」はその代表作とされており、中世の作品を現代風にアレンジした、レスピーギの代表作として現在も演奏されています。

トスカニーニの影響によりアメリカで大成功

レスピーギが作曲家として活躍したのはおもにアメリカでした。それは同じイタリア出身の大指揮者トスカニーニの力添えがあったことはいうまでもありません。レスピーギの色彩豊かで大胆な作品を気に入ったトスカニーニは、「ローマ三部作」をアメリカで頻繁に演奏し、それによりレスピーギの名声は一気に高まりました。現在でも、レスピーギの作品と言えば「ローマ三部作」が挙げられるのは、トスカニーニの影響かもしれません。

レスピーギのおすすめ代表作5選

今回は協奏曲、管弦楽、バレエ曲から選びました。レスピーギの協奏曲や室内楽は滅多に演奏されませんが、もしかしたら評価されるのはこれからかもしれません。

ミクソリティア旋法の協奏曲

1925年に作曲されたピアノ協奏曲です。声楽を学んでいた妻エルザの影響で作曲したと言われています。キリスト教のミサで使われる昇階唱(しょうかいしょう)の技法が取り入れられた、旋律の美しい作品です。昇階唱の可能性を追求したレスピーギは、この作品について、「他の作品が忘れ去られても本作を生き残る」と明言したそうですが、実際にはそこそこの成功に終わり、忘れられてしまいました。しかし現在では、教会音楽を研究したレスピーギの貴重な一曲として知られています。全3楽章構成で、演奏時間はおよそ40分です。

ローマの松

スポンサーリンク

レスピーギの作品といえば、なんと言っても「ローマ三部作」です。この交響詩「ローマの松」は三部作の二作目にあたります。1924年に作曲され、同年にローマで初演されました。全4部で構成されており、それぞれに表題が付けられています。レスピーギの目を通して見られた、ローマの印象的な「松」をテーマにした作品です。ちなみにイタリアの松は、イタリアカサマツという種類の松だそうです。

第1部・・・ボルゲーゼ荘の松
第2部・・・カタコンベ付近の松
第3部・・・ジャニコロの松
第4部・・・アッピア街道の松

作品は第1部から第4部まで続けて演奏され、演奏時間は約20分です。

ローマの祭り

「ローマ三部作」の最後の作品です。1928年に作曲され、翌年1929年にトスカニーニの指揮により初演されました。「ローマの松」と同様に全4部構成で、この作品にも標題が付けられています。それぞれのタイトルはヨーロッパの各時代の祭りがモチーフとされており、祭りの風景が描かれています。()内は時代です。

第1部・・・チルチェンセス(古代ローマ)
第2部・・・五十年祭り(ロマネスク)
第3部・・・十月祭(ルネサンス)
第4部・・・主題祭り(20世紀)

単一楽章で構成され4つの楽章が切れ目なく演奏されます。演奏時間はおよそ25分です。「ローマの祭り」は、かつては録音されない傾向にありましたが、近年では「ローマ三部作」として録音されることが一般的となっています。

教会のステンドグラス

4楽章構成の管弦楽曲です。1925年に作曲され、1927年にボストンにて初演されました。レスピーギのピアノ曲「グレゴリオ聖歌による3つの前奏曲」を管弦楽にアレンジした作品です。「ローマの松」と「ローマの祭り」の間の時期に作曲された作品としても知られ、日本では吹奏楽曲として人気があります。こちらも4つの作品で構成されており、それぞれにタイトルが付けられています。

1、エジプトへの逃避
2、大天使ミカエル
3、聖クララの朝の祈り
4、偉大なる聖グレゴリウス

特に第2構成の「大天使ミカエル」は、天使とサタンの戦いが描かれた、大迫力の作品ですので、ぜひ聴いてみてください!。

風変わりな店

ロシアの総合芸術プロデューサーとして名高い、セルゲイ・ディアギレフの委嘱で作曲されたバレエ曲です。「風変わりな店」はロッシーニの小品集「老いのいたずら(あやまち)」やピアノ曲、歌曲などの作品を素材として作曲され、1919年にロンドンで初演されました。玩具屋の人形が、夜になると踊り出すというユニークなあらすじのバレエ作品です。

まとめ

いかがでしたか?今回はレスピーギの作品について、代表作を交えながら紹介しました。レスピーギの名前を知る人はあまりいないと思いますが、今回紹介したような優れた作品を多く残しています。その他にも声楽曲やオペラ、ピアノ協奏曲なども作曲していますので、ぜひ機会を見つけて聴いてみてください。きっと色彩豊かなレスピーギのオーケストレーションに魅了されると思いますよ。

👉[amazon]オットリーノ・レスピーギのCDはこちら。

>>オットリーノ・レスピーギってどんな人?その生涯は?性格を物語るエピソードや死因は?

 

人気のレコード・CD買取おすすめ

送料無料の【宅配買取】アナログレコード専門の買取サービス『BeeRecords(ビーレコード)』

:

BeeRecords(ビーレコード)はアナログレコード専門の買取サービスです。段ボールに詰めて送るだけで、かかり費用はなし!断捨離をするなら是非おすすめ!

対象ジャンル洋楽ロック・ポップス / クラシック / ジャズ / ジャパニーズポップスR&B / ソウル / ヒップホップ / クラブ / ワールドミュージック / レゲエ / アニメソング/ブルース / ゲームサントラ / ニューエイジ)

CD/DVDの買取なら『DVD・CD・ゲーム・本の高価買取「メディア買取ネット」』

:

DVD・CD・ゲーム・本の高価買取「メディア買取ネット」は、商品をお送りいただく際の送料・手数料はもちろん、査定に納得いかない場合の返 送料金も無料の利用者に優しい買取サービスです。

対象ジャンルdvd・cd・blu-rayゲーム・本

詰めて渡すだけの簡単買い取り【ブックサプライ】

【ブックサプライ】は、詰めて渡すだけの簡単買い取りサービス。「お試し査定」機能により、商品のバーコードをスマホで撮影するだけで事前に買取金額を調べられます。 「いくらになるか分からない」といった買取サービスにありがちな不安感がありません。フリマで売るのが面倒な人におススメです

対象ジャンル本・マンガ・CD・DVD・ゲーム

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 19 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)