旋法とは?その種類と一覧。音階との違いや学習方法は?

旋法とは何でしょう。
明治時代に「旋律」という言葉が生まれました。日本ではメロディーのことを「律」と表しており、律(メロディー)が動き回るという意味です。
その旋律を形作る方法を旋法といいます。と言ってもすぐに理解することは難しいですね。
また、音階とよく似ているのでごっちゃになりがちです。
今回は音階との違いと共に、旋法についてわかりやすく説明していきます。

「旋法とは?音階との違い」

旋法とは?音階との違いは?
旋法を説明する時に音階を用いるので混同しやすいです。
旋法とは?を理解するにはまず音階を理解することが先決!!!
まずは音階を理解しましょう。

音階とは?

「旋法とは?」についてお話しする前に音階についてご説明します。

音を高さの順に配列してみましょう。すると、一定の音程関係を繰り返す形で並びます。この繰り返しを『音階』と呼びます。音階とは洋音楽の12の高さの音を特定の規則によって並べたものです。

半音階

12の高さの順に並べたものを半音階といいます。

長音階

次に12種類の高さの音について、(ドから)「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」と進んだ音を音を順番に並べてみますね。

このような並びの音階を長音階といいます。
他にも短音階など種類がありますが、音階についてはまたの機会にご説明しましょう。

旋法とは?

旋法とは、音の配列のことを表します。決められたルールに従って音が並べられているものです。
音階には、長調や短調といった調性がありますが、旋法には、調性の区別はありません。
また、音階が音の高低を表すのに対し、旋法は音と音の関係性を表します。
今日、旋法とは「教会旋法」をさすことが多いです。ひとことで語るには奥が深すぎます。今回は「教会旋法」を中心にご説明しましょう。

「旋法の用語」

まずは、教会旋法で用いられる知っておきたい旋法の用語について説明します。

開始音・終止音・フィナリス

全て同じ意味です。音階でいう「主音」を表します。

正格旋法と変格旋法

当初は1オクターブ内に収まるようにメロディーを作っていました。そのことを正確旋法といいます。
それに対し、変格旋法とはフィナリスの4度下からフィナリスの5度上までの音域を用いるものをいいます。

ドミナント

いわゆる「属音」のことです。
正格旋法では終止音の5度上の音、変格旋法では3度上の音がドミナントになります。

以上の用語について譜面に表してみました。
(Fをフィナリスにした例)

「旋法の種類」

旋法の種類はたくさんあります。色々な場所で、様々なシチュエーションで旋律が生まれてきました。
その特徴を抽出して分析することで色々な旋法に分類することができます。楽典の上での旋法は主に教会旋法を中心に学びます。とはいえ、どのような種類があるか知っておきましょう。
● 古代ギリシアの旋法
● 教会旋法
● アラブ音楽のマカーム
● ペルシア音楽のダストガー
● インド音楽のラーガ
● 雅楽の調
● 呂旋法、律旋法
● 陽旋法(田舎節)、陰旋法(都節)
● 中国の調式
● ジャワ音楽のララス、パトゥッ(パテット)

スポンサーリンク

「旋法の歴史」

旋法はその時その時で変化していきます。教会旋法の歴史をたどってみましょう。

8世紀~13世紀の旋法

初期の旋法についてご説明します。
Re Mi Fa Solの4つの音をフィナリスにして各々正格旋法・変格旋法がありました。

合計8つの旋法があり、正格旋法にヒポをつけることで変格旋法を表しています。全て白鍵のみで構成されているため、フィナリスが違うと違う風に聞こえます。
音階と大きく違う所であることがわかりますね。

16世紀の旋法

16世紀のスイスの理論家、グラレアヌスは La ・Do をフィナリスとする旋法の導入を提唱して、4つの旋法が追加となりました。

Siをフィナリスにする旋法の追加

その後、理論的には Si を終止音とする旋法も存在するとして、追加されました。
しかし、教会旋法ではもともと Si を避ける習慣があり、実際の作品で使用されていません。それによって、第〇旋法というナンバリングされていません。

「旋法の学び方」
旋法とはなんぞや?という事は頭の中では少しわかったと思います。しかし、実際どのようなことか?ということをもう少しお話ししますね。
前項でも述べましたが、旋法については白鍵のみを使うので、1音ずつ上がっていくと全然違う印象になります。
ピアノなどで各旋法を弾いてみてください。全音と半音の配列が違うのでそのようになるのはピアノがなくてもわかるでしょう。
旋法についてはこのことを理解したうえで、音を奏でて雰囲気を味わうことが一番の近道です。そうして、曲を聞いて、当てはめていくと旋法について深く理解できます。

ドリア=全音・半音・全音/全音・半音・全音
フリギア=半音・全音・全音/半音・全音・全音
リディア=全音・全音・全音/全音・全音・半音
ミクソリディア=全音・全音・半音/全音・半音・全音
エオリア=全音・半音・全音/半音・全音・全音

まずはこの構造を理解して見てください。色々な旋法を理解することで音楽を深く味わうことができるでしょう。

まとめ

旋法とは?について説明しました。旋法については、後の学者たちが解析したものです。
場合によっては当てはまらない物もでてきます。
しかし、この理論を知ることで音楽の歴史を知ることができるでしょう。知ることによって音楽の理解が深まり、更に味わい深くなります。
とはいえ頭でっかちにならないよう、やはり音楽は感性で楽しむことが大切ですね。

👉[amazon]旋法を学ぶことが出来る本はこちら。

>音楽理論とは?内容や種類一覧 初心者は何から学べばいい?

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 37 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)