ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ、「交響曲第五番」「交響曲第七番」の解説と分析。楽曲編成や聴きどころは?

出典:[amazon]ショスタコーヴィチ:交響曲 第 4番

幼少から天才的な才能を発揮し、20世紀最大の作曲家と言われるショスタコーヴィチ。作品のジャンルは幅広く、ピアノ協奏曲からジャズ組曲、弦楽四重奏、オペラや映画音楽など多岐に渡ります。映画音楽にも深く関わっており、30本以上の作品に参加しました。ある意味でショスタコーヴィチは、ソビエト社会主義リアリズムを象徴する作曲家と言えます。

そこで今回は、ショスタコーヴィチの代表作「交響曲第五番」と「交響曲第七番」を解説していきます。

交響曲第五番「革命」について

「革命」というタイトルで知られるショスタコーヴィチの「交響曲第五番」は、1937年に初演されました。この「革命」というタイトルは、本人によって命名されたものではなく、ベートーヴェンの「運命」と同様に、日本だけで呼ばれるタイトルです。ロシア革命から20周年を記念して作曲されたため、このようなサブタイトルが付けられたのかもしれません。

レニングラードで初演された演奏は大成功を収め、フィナーレの途中から立ち上がる観客もいたそうで、演奏が終わると全体が大スタンディングオベーションで、劇場は大喝采に包まれました。

これにより当時ソビエト当局から目を付けられていたショスタコーヴィチは名誉回復へと向かい、作品を聞いたソビエト共産党の幹部たちは「革命讃歌」として褒め称えたと言われています。実際にショスタコーヴィチはソビエト当局から事情聴取を受けており、友人や親類のなかにはスターリンによる大粛清によって処刑された人もいました。

近年の研究では、この作品の中には当時のスターリン独裁体制を告発するメッセージが込められていると言われており、そういう点でも興味深い作品となっています。

楽曲編成と聴きどころは?

古典的な4楽章構成となっており、第1楽章・第2楽章・第4楽章にはビゼー作曲の「カルメン」のメロディーが登場します。第3楽章ではマーラーの「大地の歌」やロシア正教の音楽から影響されたと言われ、死を暗示していると解釈する人もいます。演奏時間はおよそ45分です。

全編にわたり迫力のある作品で、第1楽章のテーマから聴く人を圧倒します。しかしなんと言っても圧巻なのは、第3楽章の悲劇的なメロディーです。悲しみと失望に満ちた音楽は、初演を聞いた聴衆の涙を誘ったと言われています。

楽器編成は次のようになっています。

  • 木管楽器
  • 金管楽器
  • 打楽器
  • ピアノ/チェレスタ
  • ハープ
  • 弦楽合奏

交響曲第七番「レニングラード」について

交響曲第五番と並ぶ、ショスタコーヴィチを代表する作品です。第1楽章から第3楽章はレニングラードで作曲され、ナチス・ドイツの包囲網から逃れるために、第4楽章は疎開先のクイビシェフで書かれました。1941年の8月から作曲を開始し、同年12月には完成させ「戦争交響曲」としても知られています。

スポンサーリンク

1942年、上記のクイビシェフで初演され、サムイル・サムスードの指揮でボリショイ劇場管弦楽団の演奏で行われました。第1楽章だけで30分ある壮大な交響曲で、当時のソビエトの「国威発揚」のためのプロパガンダとしても利用された作品です。

しかし作品自体の評価が非常に高かったため、ロンドンやアメリカでも演奏され、とりわけアメリカでは初演から1年間で60回以上も演奏される人気作品となりました。

それと同時に「交響曲第七番 レニングラード」はナチス・ドイツへの反発として解釈され、評価を高めていくようになります。

また、アメリカでの初演指揮を巡って、指揮者のトスカニーニとストコフスキー、クーセヴィツキーとの間で争奪戦が巻き起こったことでも有名な作品です。最終的に、ラジオ放送初演がトスカニーニ、公開放送初演がストコフスキー、録音放送初演がクーセヴィツキーが担当することとなりました。当時の世界的指揮者たちから争奪戦が起きるほど、この作品の評価は高いものでした。

楽曲編成と聴きどころは?

全4楽章から成り立っており、作曲された当初は各楽章に「戦争」「回想」「祖国の大地」「勝利」というタイトルが付けられていましたが、ショスタコーヴィチ自身によって後に削除されています。全体として「人間の主題」「平和な生活の主題」「戦争の主題」「レクエイム」と展開します。第1楽章では、ラヴェルの「ボレロ」を想起させるような音楽的展開と、大迫力のオーケストレーションが魅力です。

第3楽章の展開部ではバロック様式が採用され、ショスタコーヴィチの祖国愛が表現されていると言われています。

第4楽章では、モールス信号の「V」を表す同音連続があり、これは「Victory」(勝利)を表すものと考えられています。
全体的に長い作品ですが、迫力のあるオーケストラを純粋に楽しむという点でうってつけの作品といえます。

また楽器編成は次のようになっています。

  • 木管楽器
  • 金管楽器
  • 打楽器
  • 弦楽合奏

まとめ

今回はショスタコーヴィチの交響曲第五番と第七番をご紹介しました。ショスタコーヴィチは「第九の悲劇」と言われるジンクスを乗り越えて、生涯で15曲の交響曲を作曲しました。ソビエト社会主義時代に作曲された作品と、スターリン死後の作風は大きく異なり、ショスタコーヴィチの才能の幅広さを存分に楽しめます。今回取り上げた2つの交響曲以外もぜひ聞いてみてください。

👉〔amazon〕ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチのCDはこちら。

>>ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチってどんな人?その生涯や性格は?死因は?

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)