バイオリニスト諏訪内晶子のプロフィール。結婚してる?性格は?使用楽器や演奏の評判は?

出典:[amazon]シベリウス/ウォルトン: ヴァイオリン協奏曲(SHM-CD)

バイオリニストとして活躍する諏訪内晶子さんについて、さまざまな角度から調査しました!

プロフィール

  • 名前 諏訪内晶子
  • 生年月日 1972年2月7日
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー バイオリニスト
  • 所属事務所 ジャパンアーツ

経歴

諏訪内晶子さんは、1972年に東京都で生まれました。2歳半のときに、両親が音楽教室に連れて行ったのをきっかけに、バイオリンを始めたそうです。諏訪内晶子さんの両親は音楽家ではなく、一般的な家庭だったようです。

小学生から大きなコンクールに出場するようになり、中学生のときには日本学生音楽コンクール・中学生の部で優勝を手にしました。
中学卒業後は桐朋女子高等学校音楽家に入学し、15歳で日本音楽コンクール・バイオリン部門の1位に輝きます。
そして18歳のときに、チャイコフスキー国際コンクールで最年少の18歳で優勝し、注目を浴びる存在となりました。
18歳にして国際的なコンクールで優勝に輝くとは、当時からものすごい実力の持ち主だったことが分かります。

高校卒業後は、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースに進学し、ニューヨークのジュリアード音楽院に留学しました。
音楽院でバイオリンの修行に励む過程で、音楽で活躍するためにはアカデミックな教養が必要であると気付きます。
そこで、諏訪内晶子さんは音楽活動を一時休止し、コロンビア大学で政治思想史を学びました。
バイオリンの技術を磨くだけでなく、視野を広げるため勉強に励むとは、諏訪内晶子さんが非常に行動力に溢れた女性であることが分かります。
ジュリアード音楽院を修了してからは、国立ベルリン大学へと留学し、さらに研鑽を積みました。

帰国後は、1995年にNHK交響楽団の定期演奏会に出演し、日本で演奏活動を再開しました。
以降、現在にいたるまで、世界中の著名な指揮者やオーケストラと共演するほか、国際的な音楽祭にも多数出演するなど、バイオリニストとして活躍しています。
また、2013年からは「国際音楽祭NIPPON」の音楽監督を務めるなど、演奏活動以外にも活躍の幅を広げています。

バイオリニストとしての実力と評判

世界的なバイオリニストとして活躍し続ける諏訪内晶子さん。
その実力は、どのように評価されているのでしょうか?

諏訪内晶子さんは、18歳という若さでチャイコフスキー国際コンクールの優勝を掴みました。
この優勝は、史上最年少で日本人初、さらに審査員の満場一致の優勝という偉業だったようです。
こうしたコンクールでの輝かしい成績から、諏訪内晶子さんの実力は本物であることは明らかですね。
チャイコフスキー国際コンクールの演奏は、Youtubeで視聴することができます。

スポンサーリンク

会場のものすごい緊張感が伝わりますが、それをものともしない堂々とした演奏です。
かなり難易度の高い曲と思われますが、完璧に弾きこなす姿はとても10代とは思えません。
Youtubeでは、諏訪内晶子さんの最近の演奏も見ることができます。
力強く迫力のある音色が印象的で、ぜひ生で聴いてみたくなりますね。

使用楽器については、1980年からストラディヴァリウスを貸与し、チャイコフスキー国際コンクールでもその楽器を使用したそうです、
2000年からは、世界三大ストラディヴァリウスの1つである「ドルフィン」を20年間長期貸与していました。
世界三大ストラディヴァリウスを使用できるとは、諏訪内晶子さんが日本を代表するバイオリニストの1人であることが分かりますね。
2020年10月以降は、グァルネリ・デリ・ジャズの「チャールズリード」を使用しているそうです。

気になる私生活は?結婚してる?

諏訪内晶子さんは現在、パリを拠点に活動しています。
ただ、演奏活動のため1年の半分以上は海外で過ごしているそうです。
いったい、どのような私生活を送っているのでしょうか。

諏訪内晶子さんは2005年に、東京で病院を経営する整形外科医の男性と結婚しました。
しかし、パリで活動する諏訪内晶子さんと男性は別居婚状態で、男性は以前離婚した元奥さんと関係を続けていたそうです。
さらに諏訪内晶子さんも、スイスの指揮者であるシャルル・デュトワとの不倫疑惑が流れ、数年後に2人は離婚しました。

かなりの泥沼離婚だったようで、財産分与で揉めた際に、男性は諏訪内晶子さんが脱税していると情報を暴露したそうです。
諏訪内晶子さんは、脱税は意図的ではなかったと釈明しましたが、2人の関係がかなりこじれたまま離婚に至ったのは事実のようです…。

また、諏訪内晶子さんにはお子さんが1人いるそうです。
現在13歳か14歳くらいといわれていますが、表舞台には出てきていません。
お子さんも音楽家として活動するのか、今から気になりますね。

性格については、インタビューなどから察するに「物事に真摯に向き合って取り組む真面目な人」という印象を受けました。

まとめ

日本を代表するバイオリニストとして、世界で活躍を続ける諏訪内晶子さん。
今後も、さらに磨きあげられた演奏を披露してくれることでしょう。

👉〔amazon〕諏訪内晶子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 952 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)