バイオリニスト寺下真理子のプロフィール。経歴は?結婚してる?使用楽器は?演奏の実力や評判は?

出典:[amazon]ロマンス

美しすぎるバイオリニストで有名な寺下真理子さん。しかし、美しいだけではなくNippon violin より、ストラディヴァリ ウスを貸与されるほどのバイオリニストです。今回はそんな寺下真理子さんのプロフィールやヴァイオリンの実力などをお伝えしていきます。

プロフィール

● 名前 寺下真理子(てらしたまりこ)
● 生年月日 1982年11月6日
● 出身地 和歌山県
● 出身校 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校
東京芸術大学音楽学部
ブリュッセル音楽院修士課程修了
● カテゴリー バイオリン
● 職業 バイオリニスト
● 活動期間 2015年~現在
● 所属 オスカープロモーション

寺下真理子さんの経歴は?演奏の実力や評判は?

寺下真理子さんは和歌山県和歌山市生まれのバイオリニストです。ご両親は音楽家と言うわけではなく、ご本人以外は医療系とInstagramにアップされていて、お医者様のご家庭に生まれられたことがわかっています。4人兄弟の長女で、弟が1人、妹が2人のにぎやかなご家庭で育ったようです。

5歳の時に祖父母からお誕生日にプレゼントされたことがきっかけでバイオリンを始めました。小学3年生の時には既に、師事していた先生から、プロのバイオリニストを目指すのか、趣味でやるのかの決断を迫られます。小学5年生には覚悟を決めてプロを目指した練習をしたそうです。

その一環として、5年生のとき、世界的に著名な五嶋みどりさんの「第1回レクチャーコンサート」に出演。そこには全国から選ばれた同年代のバイオリニストを目指す生徒たちが集まり、寺下真理子さんはとても刺激を受けたそうです。その時に、絶対にバイオリニストになると心に決めて走り出しました。

そして、中学3年の時には、ニュース和歌山主催の「和歌山音楽コンクール」で和歌山県知事賞受賞という名誉ある賞を受賞します。

高校から上京して東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に通い、東京芸術大学音楽学部を卒業後、ブリュッセル音楽院修士課程を修了しました。

ブリュッセル音楽院は、ベルギーブリュッセルに本部を置くベルギーの音楽大学です。1813年に設置され、音楽と演劇の学科があり、音楽科ではサクソフォーンを発明したアドルフ・サックスやイサーク・アルベニスを、演劇科では有名な俳優たちをそれぞれ輩出しています。

寺下真理子さんはプロのバイオリニストになるためにとてもいい環境で音楽を学ばれたようです。

スポンサーリンク

2015年に『Ave Maria』でCDデビュー。その時に日本語、韓国語、英語で自己紹介をしたことが話題になりました。また、この『Ave Maria』は、韓国の大手ハイレゾ音源配信サイト『groovers』でいきなり4位にランクインし、そして1月には初の台湾公演も大成功させるなど海外での活躍も目立ってきました。
2017年には、『ROMANCE』というCDを発表し、出身の和歌山市から「和歌山市文化奨励賞」も受賞されています。

2018年にはフランクフルト音楽大学の教授をされているソフィア・ヤッフェ先生のレッスンを受けに2週間ドイツに滞在しました。そこでは曲に対する感情的なアプローチだけではなく、その音を表現するためのむしろ理論的な技術的な具体的な方法について学ぶために渡独したそうです。そこでは充実したレッスンを受けることができたと語っています。

寺下真理子さんと言えば美しすぎるバイオリニストで有名です。華のある立ち姿も神様が与えた才能のひとつといえるでしょう。しかし、それには努力をしているそうです。
演奏前に美容院に行くのはもちろんのこと、内面にも気を遣い加工品には頼らずオーガニックなものを厳選して使っています。また、インナーマッスルを鍛えるためにヨガやジムにも通っているそうです。優雅に見えるバイオリン演奏姿ですが、そういった見えないところもストイックに取り組むことが美しさに通じているのでしょう。

オーガニックにこだわることで料理が得意になったそうです。InstagramやFacebookなどのSNSにも料理の腕前をアップされていますが、素人とは思えないくらい美味しそうなものがアップされています。

寺下真理子さんはテレビ番組やラジオ番組にも積極的に出演されています。美しいのでテレビにもとても映えていました。踊るさんま御殿では見た目とのギャップを話して笑いを取るなどちゃんと足跡を残せたようです。
また、2022年7月からは和歌山放送にて、初のラジオ 「寺下真理子の恋するヴァイオリン」がスタートしました。豪華ゲストも出演して楽しい番組になっています。

そんな寺下真理子さんの気になる結婚については、まだのようです。妹さんにお子さんが生まれたことを自分のことのように喜んでいます。ラジオ番組のタイトルのごとく今はまだバイオリンに恋しているのかもしれません。

まとめ

寺下真理子さんは美しさの中にストイックに取り組む強い精神を持つバイオリニストということがわかりました。その結果、Nippon violin より、ストラディヴァリ ウスを貸与されるという実力あるバイオリニストに成長しています。
美しすぎるバイオリニスト寺下真理子さんの今後が楽しみです。

👉[amazon]寺下真理子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 89 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)