ソプラノ歌手砂川涼子のプロフィール。結婚してる?年齢は?歌手としての特徴と評判は?

出典:[amazon]砂川涼子/ベルカント

“砂川涼子さん”をご存知でしょうか?

今やオペラ界のプリマドンナとして人気を誇るソプラノ歌手です。
彼女なくして日本オペラ界は成り立ちません。
オペラを愛する人々にとって、砂川涼子は神的存在と言っても過言ではないでしょう。
(ちなみに砂川さんは、すながわではなく、“すなかわ”さんです。)

砂川涼子、オペラ歌手を目指す!

ソプラノ歌手、砂川涼子誕生の秘話をお伝えします。

沖縄県の宮古島出身。
武蔵野音楽大学の声楽学科を首席で卒業という素晴らしい経歴の持ち主です。
その後、同大学大学院修士課程を修了しました。

もともと音楽の教員を目指していたため、音大へ進学したようです。
しかし在学中に歌を聴くことや本格的なオペラ公演を観る機会とともに、
自分の世界を広げたい、声楽家としての道を進みたいという思いが強くなったそうです。

砂川さんのプライベート!?

素敵な美声でオペラファンを魅了する砂川さんですが、彼女のプライベートって
どんな感じなの?とても気になりますよね。

年齢

生年月日は残念ながら不詳です。しかし大学の同級生の公式サイトのデータによると、
今年2021年には52歳を迎えるのではないかと推定されます。
(とてもその年齢には見えないほど、チャーミングなお顔立ちです。)

私生活

これも現在のところはヴェールに包まれています。
過去に結婚歴があるらしいです。
日本を代表する有名テノール歌手、村上敏明さんとの間にお子様がいらっしゃるようです。とある公演に、お子さんが観に来られていたという噂もありました。

オン・オフ

仕事とプライベートをしっかり区別するのが彼女のポリシー。
洋服などのファッションにも気を遣い、好きな香りを見つけることも
お好きなようです。
オンとオフの切り替えをしながらも、実は常に役作りのためのヒントや気づきを
私生活の中で見つけることが多々あるそうですよ。

現在

オペラ活動中心の生活の傍ら、武蔵野音楽大学で声楽の講師も務めていらっしゃいます。
多忙でありながら充実された生活をされているのでしょうね。

砂川涼子 オペラ活動の軌跡

藤原歌劇団に所属する砂川さんですが、これまでにどのような活動をされてきたのでしょうか?
数々の舞台を踏んでこられたプリマドンナ・砂川涼子さんの軌跡を追ってみましょう。

留学

2001~2003(江副記念財団)、2005~2006(五島記念文化財団)、2回の奨学金を見事に獲得されて、イタリア・ミラノへ留学されています。
更なる磨きを得るために、本格的なオペラの勉強に専念されていました。

スポンサーリンク

実績

1998年 第34回 伊声楽コンコルソ 優勝
2000年 第69回 日本音楽コンクール 優勝 & 特別賞
2005年 第16回 五島記念文化賞 & オペラ新人賞
2006年 第16回 リッカルド・ザンドナイ国際声楽コンクール ザンドナイ賞

その他にも素晴らしい実績を残されています。

舞台

2000年 オルフェオとエウリディーチェ 本格オペラデビュー~新国立劇場~
2001年 イル・カンピエッロ 藤原歌劇団公演デビュー
その後~
・トゥーランドット、・ドン・ジョヴァンニ、・ドン・カルロ、・カルメン、・魔笛、
・ホフマン物語、・フィガロの結婚etc

とりわけ、~ラ・ボエーム~のミミ役を演じた際の、歌唱力と容姿そのものが
“ミミ”の理想像に合致すると絶賛されました。

後のインタビューにおいても、「ミミは私に一番合っている!」と本人も断言されています。
舞台を重ね、自分にピッタリしっくりくる役に出会えたことは、砂川さんのオペラに対しての情熱を更に燃やしていくキッカケになったとも言えるでしょうね。

2019~20年オペラ夏の祭典においては、バルセロナ交響楽団とのトゥーランドット等にも出演されています。
また2002年以降は、NHKニューイヤーオペラコンサート出演も回数を重ねておられます。

広い分野で活躍

オペラ舞台のみならず、活動の場を広げている砂川涼子さん。
国内オーケストラとのコラボレーションや、近年ではテレビやラジオ出演オファーなど
引く手数多です。

ソロリサイタル

2017年~ヤマハホールリサイタル~
オペラ公演が多かったこともあり、ソロで歌うということには消極的だったそうです。
しかし長年の経験が、歌いたい曲や演じてみたい役が自然と増えていったと言います。

CDデビュー

“ベルカント”というクラシックCDが、2019年12月11日リリースされています。
ファンにとってはまさに待望のCDアルバムだったに違いありません。
砂川さんが歌い続けてご本人も大好きという曲の中で、16曲厳選収録。
砂川さんの盟友?指揮者:園田隆一郎さんがピアノ伴奏をされています。

(CDジャケットの砂川さんのお姿はとても美しいです!)

人気度と評判

ソプラノ歌手として、オペラ界を担う素晴らしい活動と実績を重ねる砂川さんですが、
評判はどうなの?気になるところですね。

クラシックコンサートを楽しもう!をキャッチフレーズの、「ららら♪クラブ」が
2020年“あなたの好きな日本人オペラ歌手ベスト3”を募りました。
約140人というオペラ歌手総数の中で、

砂川涼子さんは見事3位という殿堂入りを果たしています!!

実力は言うまでもありません。
しかし彼女の内面から醸し出される、素敵な雰囲気も人気の秘密であると言えるかもしれませんね。

まとめ

常に前進を目指し、挑戦し続ける砂川さん。
物語のドラマや心情を大切にし、
歌い方や演じ方にも研究を重ね続けていらっしゃいます。

そして彼女が何より重きを置くのは、観客に伝えるということ。
舞台は全てが一体となることに意味があるという心配りは、
真の音楽家としての抜群のセンスの表れと言えるでしょう。

これからも砂川涼子さんの益々の活躍を期待したいですね。

👉〔amazon〕砂川涼子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 1,468 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)