ピアニスト反田恭平のプロフィール。結婚している?演奏の実力と評判は?

出典:[amazon]ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番/ピアノ・ソナタ第2番

若手ピアニストとして世界的に活躍する反田恭平さんについて、さまざまな角度から調査しました!

プロフィール

・名前 反田恭平
・生年月日 1994年9月1日
・出身地 北海道札幌市出身、東京都育ち
・カテゴリー ピアニスト
・所属事務所 株式会社NEXUS

経歴

反田恭平さんは、父はサラリーマン、母は主婦という、ごく平凡な家庭に生まれました。
ピアノを始めたのは4歳の頃です。
幼少期からとても耳が良く、母がエレクトーンで演奏した曲を聴いてすぐに、同じように弾くことができたそうです。
ただ、小学生時代はピアノよりもサッカーに打ち込んでいたようです。小学5年生のときに、サッカーで手首を骨折したことがきっかけで、サッカー選手になるという夢を諦め、音楽の道を進むと決めたそうです。
そのため、反田恭平さんが本格的にピアノを始めたのは12歳からだそうです。

ピアニストというと、小さい頃から音楽の英才教育を受けるイメージがありますが、反田恭平さんは全く違った道を歩んできたことが分かります。
今となっては、手首の骨折がピアノ演奏に支障を及ぼすほどではなくて、本当に良かったですよね。

ピアノに本気で打ち込み始めた反田恭平さんは、14歳で日本クラシック音楽コンクールの最高位を獲得、高校在学中には第81回日本音楽コンクールで第1位を受賞します。
その他にも、数々の国際的コンクールで賞を総なめし、瞬く間に注目の存在となりました。

2013年に、キャンパス特待生として桐朋学園大学音楽部に入学しました。
翌年には、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学し、その後マリインスキー劇場管弦楽団と共演、ロシアデビューを飾ります。
以降、世界各国でリサイタルやツアーを開催し、「最もチケットがとれないピアニスト」と評されるほどとなりました。

日本では、2016年にデビューリサイタルを行い、サントリーホールが全席完売となる大盛況ぶりでした。
また、同年にドキュメンタリー番組「情熱大陸」で取り上げられたことで、さらに名前が広く知られるようになりました。
その後も、「題名のない音楽会」や「徹子の部屋」といった有名テレビ番組に度々出演しています。

反田恭平さんは現在、ポーランドを拠点に活動を行っています。
ピアニストとしての活動以外に、個人事務所やレーベル会社を設立し、業界初の有料オンデマンド・コンサート「Hand in hand」を立ち上げるなど、新たな挑戦を続けているようです。

こうして反田恭平さんの経歴をみると、26歳の若さにして、とても順風満帆な音楽活動のように見えます。
ただし、それは決して才能のみでなく、血のにじむような努力の賜物なのでしょう。

スポンサーリンク

ピアニストとしての実力と評判

従来のピアニストにはない一風変わった経歴から、「異端児」と称されることが多い反田恭平さんですが、ピアニストとしての実力は、多くの音楽家から評価されています。
これまでに数々のコンクールで賞をとっていることからも、実力が認められているのは明らかですよね。

反田恭平さんの演奏は、大胆さ、力強さ、軽やかさ、繊細さを兼ね備えており、その表現力の高さに目を見張ります。
反田恭平さんはYouTubeに公式チャンネルを開設しており、自身の演奏の動画を投稿しています。
まだ反田恭平さんの演奏を聴いたことがない方は、まずはYouTubeで演奏を聴いてみるのがよいかと思います。
ソロの動画ももちろんオススメですが、オーケストラと共演している動画は、とても臨場感があり心動かされるので、一聴の価値ありです。

反田恭平さんは、日本でもよくコンサートを行っています。
とても評判が高く人気があるため、チケットが取りにくいことで知られています。
チケットを取る際は、事前に前売り情報などを調べて予約するのが確実といえるでしょう。

気になる私生活とは?

現在、ポーランドを拠点に活動を行う反田恭平さんですが、普段はどのような生活を過ごしているのでしょうか。

反田恭平さんは、毎日何時間もピアノを練習しているということはなく、最後に鳴らした音がよければ、たとえ時間が短くても練習を終えてしまうそうです。
ただ、ピアニストとしての活動のみでなく、事務所やレーベル会社の運営などの仕事があるため、多忙な日々を過ごしていると思われます。

そして、私生活で特に気になるのが、結婚をしているのかどうかです。
現在、反田恭平さんが結婚しているという明確な情報はありませんでした。
少し前に、ロシア人の人と結婚しているという情報が流れましたが、勘違いによるデマ情報だったようです。
反田恭平さんはとても人気が高くファンも多いので、今後また噂が流れるかもしれませんね。

まとめ

12歳という、通常では遅すぎる年齢から、本格的に音楽の道を進み始めた反田恭平さん。
反田恭平さんの現在の夢は、音楽学校を設立し、世界で活躍する音楽家を輩出することだそうです。
ピアニストの枠にとらわれないその視野の広さは、少年時代に音楽だけに特化せず、サッカーなどさまざまな経験をしたからこそ、培われたのだと感じます。

>>〔amazon〕反田恭平のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)