大人になってピアノ再開!どこから始める?楽しく続ける練習方法は?

子供のころにピアノを習っていて、大人になってからまた再開したいと思う方もいるでしょう。ある程度楽譜は読めるもののブランクがあって何から始めていいのか分からないこともあるかもしれません。子供のころに習っていると大人で始めて習う人よりも楽譜の読み方に慣れているので上達も早いです。大人になってピアノを再開する方に、楽しく続けていける練習方法をご紹介します。

自分が弾きたい曲から練習する

自分が弾きたいと思う曲だと多少難易度が高くても「弾きたい!」という気持ちで頑張って練習しようと思えるのではないでしょうか。また弾きたい曲だからこそ、弾けるようになると楽しくなります。テクニックや技術的な練習よりも、「楽しみたい!」という方は、弾きたい曲選びからやってみるといいでしょう。

ピアノを弾く楽しみを見出した人はただただ練習をしている人よりも上達が早いです。楽しみながら上達するためにも、「この曲が弾きたい」というものを見つけてみましょう。聴きなれている定番クラシック音楽やポピュラー音楽などから始めてみるといいかもしれません。

クラシックorポピュラー!?

ピアノで弾きたいのがクラシックなのか、洋楽やJ-POPなどの曲、もしくは弾き語りなどのポピュラーが弾きたいのかでまた練習方法も異なってきます。クラシックでは楽譜通りに演奏しますが、ポピュラーは楽譜にこだわらず自由に演奏することができます。

クラシック音楽でも原曲で弾くのではなく簡単にアレンジした楽譜も多くあります。大人ピアノは楽しむ方法はいろいろありますので、自分スタイルを見つけてみましょう。まずはクラシックかポピュラーかどちらがやりたいのかを決めると取り組みやすくなります。

基礎をしっかりやりたい方は「ハノン」

ピアノにブランクがある場合は、指の動きもスムーズではないことが多いので、指のリハビリのためにも「ハノン」をやるとよいでしょう。「ハノン」は、19世紀前半にフランスの作曲家ハノンが書いた指のトレーニングの本です。指の動きをよくするためのトレーニングをやることで、指の動きもスムーズになり、弾きたい曲が弾きやすくなります。

子供のころは面白みがなくつもらなかった方も多いかもしれませんが、練習のポイントを理解して効果的に練習することで他の曲を弾くときに役立ってきます。ハノンにあるスケール・アルペジオ・カデンツは基本的な技術習得や調の基礎知識を身につけることができます。

[amazon]標準版ピアノ楽譜 ハノンピアノ教本 New Edition 解説付

ピアノの練習曲

スポンサーリンク

ピアノを学習していくときに多くの人が使う教材にツェルニーの練習曲があります。カール・ツェルニーはベートーヴェンの弟子でフランツ・リストの師匠でした。ツェルニーは難易度順に、100番、30番、40番、50番、60番があります。アーティキュレーション、音の強弱、テンポの揺らし方、装飾的で華麗なフレーズの表現法などを学び、基本的な奏法を身に付けることができます。

バイエルの後半程度からツェルニー100番を始め、ツェルニー30番、40番とバッハのインヴェンションとシンフォニアを併用し、ツェルニー50番、60番になるとバッハの平均律クラヴィーア、モシュコフスキーと進めていきます。

[amazon]CD ツェルニ-100 全音楽譜出版社刊 準拠

ピアノ曲の教本

バイエル、ブルグミュラー、ソナチネ、ソナタに進めていくことが多いですが、どのレベルで止めたかによって再開するときに異なってくるでしょう。多いのがソナチネまでは習ったけど受験や進学なので止めてしまった方。一度やった曲は譜読みもできているはずなので過去やった曲をもう一度取り組んでみるのも良いでしょう。また独学でも学べる演奏のポイントなどの解説が付いた本もでているので、ただ音を弾くだけではなく、ポイントを理解して弾くと上達も早くなりますよ。

[amazon]ソナチネアルバム(1) 解説付 zen‐on piano library (全音ピアノライブラリー)

ポピュラーを弾きたいならコード練習

基本となるコードから練習すると、コードがあればアレンジしてポピュラーピアノを楽しむことができます。メジャーコード、マイナーコードから覚えやすいものから始めていくと、メロディーとコードでピアノ演奏することができるようになります。コード・ネームを見れば反射的に鍵盤を押さえることができるように、繰り返し練習しましょう。コードを覚えておくと楽譜通りに弾く必要はなく、より自由な感じで演奏することができますよ。好きなように自由に表現したい方にも向いているでしょう。

大人になってピアノを再開するメリット

子供の時には理解できなかったことが、大人だと理解力が高く進むスピードも早くなります。プロになるための練習をする訳ではないので、できるだけ楽しめるように曲を選択し、練習に取り組むことができるので、続けることができるでしょう。クラシックピアノ音楽でも作曲者の好き嫌いがあると思いますが、自分にあった曲を取り入れていくと楽しみながら弾くことができるでしょう。大人ピアノは弾きたい!と思える曲を練習することが大切かもしれませんね。

>>小学校高学年からピアノを始める時の教則本。順番はどうしたらいい?

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング

 

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)