ピアノ椅子に背もたれは必要?痛いときはどうする?正しい姿勢の考え方は?

ピアノを演奏する上で大切なのが”ピアノの椅子”選びです。ピアノの座り方や椅子の高さの調整などで演奏にも変化がでてきます。そんな”ピアノの椅子”についての選び方や正しい姿勢をご紹介します。

背もたれのある椅子(トムソン椅子)

ピアノでよく使われているのが、高さの調整が早くできるトムソン椅子。後ろのつまみで座面の高さを調整することができます。背もたれがついていますが、基本的には演奏中はもたれることはなく、椅子前方に座りますが、背もたれがついているので椅子そのものの重心が後ろに行きやすく、椅子が浮きにくくなっています。

高さ調整ができるので、色んな人が使用する場合には、高さ調整が早くできるのでとても便利です。ピアノ教室や学校、演奏会などには使用しやすいでしょう。

背もたれのないベンチ椅子

高さの微調整が可能なピアノ椅子で調整するまでにトムソン椅子に比べると時間がかかります。無段階調整タイプでさまざまな種類のものがあります。

ベンチタイプはガスシリンダー式とハンドル式があり、ガスシリンダー式はレバーの操作で座りながらスムーズに高低が調整できます。ハンドル式は微調整ができるので、椅子の高さにこだわりがある方には良いでしょう。違いはクッションが柔らかいものから少し固めのものなどで、10cmくらいまでの高さ調整をすることができます。

安定感のしっかりあるコンサートで採用されている椅子や、折りたたむことができるコンパクトな椅子などさまざまなタイプがあります。トムソン椅子に比べて手ごろな価格のものも多くあります。

ピアノ演奏に大切な椅子選びのポイント

ピアノを演奏するときに使用する椅子は、ピアノ演奏者にとってはとても大切なアイテムです。ベンチタイプのものは組み立て式タイプの低価格なものから本革を使用している高級感のある椅子など幅広く選択することができます。椅子選びのポイントを見ていきましょう。

・座り心地は大切

長時間の練習をすることがある場合は、座り心地の良いものを選びましょう。ベンチタイプの椅子は、座面のクッションにはメーカーによってさまざまなタイプのものがあります。あまり硬いものだと長時間座っていると疲れやすくなってしまいます。また座面の材質も、本革のものからPUレザー素材、高級合皮、塩ビレザー張りなどがあります。

スポンサーリンク

・安定感のある椅子

通常の椅子と比べて、ピアノを演奏するときは曲によっては激しく体が動き、体重移動することがあります。椅子がしっかりと安定していないと演奏がしにくくなりますので、安定感のあるどっしりとしたものを選びましょう。定番のヤマハトンプソン椅子は重量も8kgあり安定があります。

・インテリアに馴染みやすいカラー

本格的に練習するのではなく趣味程度でたまに弾く方にとってはインテリアとしての要素もあるかもしれません。ベンチ椅子はホワイト、ブラウン、ブラックなどある程度カラーを選択することができるので、ピアノと合ったものや、お部屋の雰囲気合ったカラーの椅子を選ぶことができます。またシルエットの美しい猫脚タイプの椅子もあり、お洒落な雰囲気を演出してくれます。

・楽譜など収納できるタイプ

座面に楽譜などを収納できるタイプのベンチ椅子があります。ピアノに楽譜を置いておいたり、本棚から弾く度に楽譜を出すのが面倒な場合など、座面が大きく開いて楽譜を収納することができるので便利です。スッキリと片付けておきたい方にはよいでしょう。

>>ピアノの1日の練習時間の目安。子供や大人の平均は?

ピアノ椅子の正しい座り方は?

ピアノの鍵盤の丁度真ん中に椅子を置き、浅めに座ります。あまり深く腰かけ、背もたれにもたれるとピアノが弾きづらくなります。背もたれがあるトンプソン椅子でも、背に持たれることなく、椅子の前側に座ります。ピアノ椅子に座る場合は、ピアノに近過ぎても遠すぎても弾きにくくなるので、指先までやわらかく動かせるように、ピアノと椅子の距離感を調整しましょう。余計な力を入れないのがポイントです。肩の力や腕の力を抜いて背筋を伸ばして座ります。

・椅子の高さ調整

椅子に座ってみて、鍵盤の高さと肘の高さを堪忍してみましょう。ピアノの鍵盤の高さはメーカーによって微妙に異なり、約73~76cmになります。鍵盤の高さと肘の高さが同じくらいになるように、椅子の高さを調整すると負担をかけることなく演奏することができます。椅子の高さ調整ができていないと身体に余計な負担がかかり、疲れやすくなります。またしっかりと足が床についていることも大切です。ピアノを弾いていてなんだか疲れやすいと思うことがあれば、椅子の高さを変えてみると良いでしょう。

ピアノを快適に練習するためにも椅子選びは大切

ピアノの椅子に座るとき正しく調整されていないと弾いていて疲れやすくなり、音の表現がうまくできなくなります。椅子の調整がきちんとできていて正しい姿勢で座ることで、身体に余計な力をかけることなく、安定して楽に腕や指を動かすことができます。正しい椅子の高さ&正しい姿勢は音色や音量もコントロールしやすく良い演奏につながる大切にポイントになりますよ。また長時間座っていても疲れにくい座り心地の良い椅子を選ぶことも大切です。

>>〔amazon〕ピアノ椅子の売れ筋はこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 147 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)