ピアノを中学生から始めるのは遅い?初心者の注意点とおすすめ教材は?

幼少期からピアノを習い始める人もいれば、大人になってからピアノを習う人もいます。始めた年齢によって多少教材が変化したり、上達度も異なります。ピアノ中学生から始めたくなった場合の注意点と、おすすめの教材についてご紹介しますね。

中学生で習うデメリットは?

自分の意思で始めることができる

幼少期に始めると親に連れられて習い始めることが多くなり、気づいたら通わされている状態のことが多いでしょう。中学からピアノを習い始める場合は、自分の意思で始めることが多いので、その分上達も早くなります。音高や音大に入ってプロを目指すには早く始めた方が良いですが、趣味で習うには、いつから始めても問題ありません。

楽譜を読むことで左脳と右脳が鍛えられる

楽譜を読むときには、左脳と右脳の両方を使っています。譜読みをする時は、左脳が優位に働いていますが、何度も繰り返し練習をしていると、視覚的に捉えて読んでいくことができ右脳が優位に働きます。ピアノを弾けるようになるだけではなく、両方の脳を使っていくことで、さまざまなことに役立っていくでしょう。

中学生で習うデメリットは?

音感には、絶対音感と相対音感という2つの種類があります。絶対音感は幼少期の頃に身に付けることが多いので、中学生で習い始めると絶対音感を身に付けるのは難しいかもしれません。

絶対音感は、聴力が発達する過程に音を聴きとるトニーニングをしていきます。基準となる音と比較することで音の高さを判断する相対音感は、大人になってからも鍛えることができます。

楽しみながら学ぶ

中学生からピピアノを始めるなら、楽しく学べる教材を取り入れていくとよいでしょう。ピアノでもさまざまなジャンルの曲があります。クラシック音楽、ポピュラー音楽、ジャズなど、弾きたい曲に応じてトニーニングしていくとよいでしょう。

好きな曲や有名な曲を弾きたいので、ピアノを習いたいと思う方も多いでしょう。そういった好きな曲だけを弾きたいのか、今後いろいろな曲に触れていきたいかによっても、選択する教材が変わってきます。中学の部活で吹奏楽などに入っていると、楽譜がある程度読めるでしょう。

もしくは、楽譜はまったく始めてで、音符は読めないという方など初心者といえど、どの程度のレベルなのかで教材も異なります。

ピアノ教室で学ぶ?独学?

ピアノを始める際には、ピアノ教室に行って教えてもらう方法と、独学で覚えていく方法があります。基礎からきちんと自分のレベルに応じて学んでいきたい場合は、ピアノ教室で学ぶとよいでしょう。ピアノ教室ではあなたのレベルに応じた教材や、好きなジャンルなどを考慮してレッスンを進めてくれることでしょう。ただ、独学で学んでいくこともできます。最近では映像やDVDなどが付属したピアノ教材がでていますので、それらを選択するとよいでしょう。

ピアノを学ぶためのおすすめ教材

初心者からピアノを学ぶときに取り入れていく教材をご紹介します。

  • 全音楽譜出版社「全訳ハノンピアノ教本」

初心者から上級者まで、ピアノを弾く上で大切な指の練習に特化した教本です。基本をしっかりとやっておくことで、さまざまな曲を弾く時に役立つでしょう。

[amazon]全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラリー

スポンサーリンク
  • リットーミュージック「ピアノでコードを覚える方法とほんの少しの理論」

ポピュラーやジャズなどを弾けるようになりたい場合は、コードを覚えましょう。コードを理解して、コードを使いこなせるように書かれている教本です。五線譜を使用せずに、鍵盤の図を使ってコードが解説されています。楽譜を読むのが苦手な人にもよいでしょう。

[amazon]ピアノでコードを覚える方法とほんの少しの理論

  • 「音符の読み方からはじめる 大人のためのピアノ悠々塾 入門編」

音符が読めないまったくの初心者の方が学べるCD付の教本です。「入門編」「基礎編」「初級編」と3段階あり、「教則編」と「レパートリー編」があります。初心者の方は、「教則編」と「レパートリー編」の入門編から学んでみるとよいでしょう。独学でピアマを学びたい方にも付属CDで学べるようになっています。レパートリーは、誰もが知っている馴染みのある曲が入っています。

[amazon]音符の読み方からはじめる 大人のためのピアノ悠々塾 入門編

  • 「ピアノソロ 入門 もっとやさしいオトナピアノ Best Selection40」

はじめてのピアノでも無理なく弾ける簡単なアレンジで、ドレミがふりがな付になっています。幅広いジャンルから定番の名曲を40曲セレクトされているので、楽しみながら、ピアノの練習ができるでしょう。

[amazon]ピアノソロ 入門 もっとやさしいオトナピアノ Best Selection40<保存版>

  • 「はじめから1人で学べる 大人のためのピアノレッスン 上巻 (DVD付)」

DVD付のピアノ入門書で、自分のペースで学ぶことができるでしょう。文字や音符のテキストと、手や指の形などは動画で確認して学べます。一曲ずつ、コツコツと練習を進めていくとよいでしょう。

[amazon]はじめから1人で学べる 大人のためのピアノレッスン 上巻 (DVD付)

まとめ

ピアノを中学生から始めるのは、遅くありません。始めたいと思ったときには気持ちも高まっているので、ピアノの練習をするためのモチベーションを維持しやすいです。毎日コツコツと練習を重ねていくことで、少しずつ弾けるようになっていきます。

 

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング
>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
(Visited 135 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)