ピアニスト内田光子のプロフィール。経歴は?結婚している?演奏の凄さや評判は?

内田光子 プレミアム ベスト

今回は英国籍のピアニスト、世界のUchidaとして活躍されている内田光子さんについてまとめさせていただきます。

プロフィール

  • 名前 内田光子(うちだみつこ)
  • 生年月日 1948年12月20日(72歳)
  • 出身地 静岡県熱海市
  • カテゴリー ピアニスト、指揮者
  • 出身大学 ウィーン音楽院
  • 所属 ユニバーサルミュージック

経歴は?

内田光子さん(以下内田さん)は、1948年に静岡県熱海市にて生まれました。お茶の水女子大学附属小学校に在学中に東京の桐朋学園の「子供のための音楽教室」にて音楽を学んでいたそうです。

ちなみに、この「子供のための音楽教室」というのは、世界の小澤と称されている小澤征爾やピアニストの本荘玲子などの有名な音楽家の方々が毎週土曜日に学んでいたそうです。

しかし、内田さんのお父さんが西ドイツ大使などを務めるほどの大物の外交官であったため内田さんが12歳の年で渡欧しました。1961年からは音楽の都オーストリアのウィーンにあるウィーン音楽院にて学びます。その後、一度日本に帰国したそうですが再び渡欧したそうです。

1971年、内田さんがわずか23歳の年でロンドンデビューを果たします。このデビューと同時に拠点をロンドンに移したそうです。その後もロンドンを中心にヨーロッパで演奏活動を行いますが、不遇の時代だったため大手レコード会社からのオファーが全くなかったそうです。

また、日本でも演奏会活動をまともに開催することができず、内田さんのご両親が必死にチケットを売り捌くことに苦労していたそうです。これに対し、内田さんは「私が日本の音楽大学を卒業していないから、、、」と言葉を漏らしていたそうです。

この、不遇な時代をなんとか乗り切り1982年に東京文化会館やロンドンのウィグモア・ホールでのモーツァルトの「ピアノ・ソナタ連続演奏会」は「ウチダの火曜日」とロンドンの批評家から絶賛を浴び、今までの不遇な時代とは裏腹に一躍有名になります。

その後も、イギリス室内管弦楽団を自ら指揮しつつ演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲を筆頭にモーツァルトのピアノ・ソナタとピアノ協奏曲の全曲録音に挑戦しました。その挑戦は大成功に収め、国際的な名声を浴びることができました。

これまでの内田さんはバルトークを演奏するなど、割と演奏するレパートリーは定まっていませんでしたがこの録音をきっかけに前期ロマン派にレパートリーを絞りました。前期ロマン派は簡単に言えばモーツァルトなどです。

全曲録音を試みた1984年にまたしても内田さんの身に転機が訪れました。それは世界的に有名な指揮者の小澤征爾が指揮するベルリン・フィルの定期演奏会にバッハのピアノ協奏曲等を演奏し見事デビューを果たすことができました。

スポンサーリンク

この国際デビューを機に、オーケストラの定期演奏会は勿論、ザルツブルク音楽祭やタングルウッド音楽祭などの世界的な音楽祭にも度々出演するようになりました。

また、1991年にはあの有名なカーネギー・ホールにてデビューリサイタルを開いています。

デビュー後は自身のソロでの活動は勿論のこと、子供のための演奏会や若手音楽家への支援など後世に貢献するような活動にも積極的に参加されているそうです。

結婚している?

内田さんは、ご結婚されています。ロンドンに拠点を定めている時に良きパートナーと巡り会えたそうです。そのパートナーは、「世界最高の知性100人」にも選ばれたEU理事会対外・政治軍事総局長であるロバート・クーパーさんだそうです。

演奏の凄さや評判は?

内田さんは「世界のUchida」と称されているほど、日本が誇る世界最高峰のピアニストとして有名ですよね。内田さんの演奏会されるレパートリーは先程述べたように広くなく前期ロマン派です。しかし、このように区切って「ここ!!」と内田さんは決めているからこそ、その分野を誰よりも深く理解しておりその得た知識や技術を演奏に生かすことによって内田さんは世界最高峰のピアニストにまで上り詰めることができました。

また、前期ロマン派の曲以外にも現代曲なども演奏されているようです。このように、どのようなジャンルの曲がきても、内田さん自身の中で噛み砕き、内田さんらしく演奏に生かすことができる。これが、内田さんの凄いところでもあり強みでいると思います。

評判については、世界最高峰のピアニストとして称されているくらいですからとても高いです。得意分野である前期ロマン派以外の曲も弾き、尚且つ自分のソロ活動の他にも構成の音楽家育成のための活動に積極的に参加されているなど、日本に限らず世界から見てもとても評判が高いと言えますね。

まとめ

今回は日本が誇る世界最高峰のピアニストとして活動されている内田光子さんについてまとめさせていただきました。内田さんは、日本の音楽大学を卒業していないためか中々日本での活動もできず、不遇の時代だったため日本に限らずヨーロッパでの演奏活動も難しい時代でした。そんな中でも諦めず、ひたむきに努力し続けた結果が今この時代に開花したと思います。

内田さんは、現在72歳ですが歳は関係なく今でもソロ演奏会を開いているそうです。後世の育成にも積極的に参加されています。お身体に気をつけてこれからも「世界のUchida」の音色を響かせて欲しいですね。

👉〔amazon〕内田光子のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 3,679 times, 6 visits today)

3 件のコメント

  • 加納惟之 より:

    世界的ピアニストとして、現存するピアニストの
    五人は必ず入る大ピアニストの一人です。特にモーツァルト・シューベルト・ベートーヴェン等は素晴らしいですね。ブレンデルか内田かと言われる大ピアニストです。
     日本人として大変に嬉しいです。

  • 加納惟之 より:

    世界的ピアニストとして、現存するピアニストの五人は必ず入る大ピアニストの一人です。特にモーツァルト・シューベルト・ベートーヴェン等は素晴らしいですね。ブレンデルか内田かと言われる大ピアニストです。
     日本人として大変に嬉しいです。皆様のご視聴されることを願います。

  • 加納惟之 より:

    世界的ピアニストとして、現存するピアニストの五人は必ず入る大ピアニストの一人です。特にモーツァルト・シューベルト・ベートーヴェン等は素晴らしいですね。ブレンデルか内田かと言われる大ピアニストです。
     日本人として大変に嬉しいです。皆様のご視聴されるこお勧めします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)