指揮者原田慶太楼のプロフィール。経歴は?父や母は?結婚している?指揮の実力や評判は?

出典:[amazon]【Amazon.co.jp限定】Danzon(ダンソン)~コープランド、バーンスタイン、ウォーカー、ピアソラ、マルケス〔UHQCD〕(メガジャケ付)

今回は日本を代表する指揮者として活躍されている原田慶太楼さんについてまとめてみました。

プロフィール

  • 名前 原田慶太楼(はらだけいたろう)
  • 生年月日 1985年2月26日(現在36歳)
  • 出身地 東京都品川区
  • カテゴリー 指揮者
    写真家
  • 出身大学 イリノイ大学
    マーサー大学
  • 所属 東京交響楽団 正指揮者
    ジャパン・アーツ

経歴

指揮者として世界中で活躍されている原田慶太楼さん(以下原田さん)は、1985年に東京都品川区にて生まれます。

幼い頃からインターナショナルスクールに通い、英語は身近な存在であったそうです。幼少期に見た、ミュージカルに幼いながら衝撃を受けて、ブロードウェイのピットミュージシャンを目指すようになり、高校ではスイスにあるインターロッケン芸術高校にサクソフォン奏者として入学します。この頃は、自分が奏者として活躍する未来を目指して日々練習に没頭していたそうです。

しかし、そんな原田さんに転機が訪れました。それは、当時吹奏楽を指導していたフレデリック・フェネルを見て指揮に多大なる興味を示したそうです。そこから、指揮のレッスンも受け始めました。

高校卒業後は、アメリカにあるイリノイ大学に入学しますが音楽科がなかったためマーサー大学に入学し様々なことを学びます。

原田さんの指揮の実力は劣ることなく開花し続けて、大学生なのにも関わらずメーコン交響楽団のアシスタントコンダクターに就任しています。アシスタントコンダクターは、指揮者ではなく指揮者のサポート的存在です。例えば、指揮者が出張等で指揮を触れない時に代わりに振るなどあまり指揮台に立てる役割ではありませんが、学生の身分でアシスタントコンダクター。任せたということはこの時にはすでに原田さんの指揮の実力は認められていたと思います。

その後もアリゾナ大学音楽学部舞台芸術学科専属オーケストラの音楽監督に就任した同年にツーソン交響楽団アシスタントコンダクターにも就任しています。この時原田さんはまだ20代ですが、ここまで活躍されているとなるとプロ顔負けですね!

その後も原田さんの指揮の仕事は怠ることなく次から次へと声がかかり2021年から現在にかけて東京交響楽団の正指揮者として36歳という若さにも限らず活躍されています。

このように、原田さんは日本に限らず世界中のオーケストラの指揮を行なっていることがわかりますね^ ^

スポンサーリンク

主な受賞経歴

  • エドゥアルド・マータ国際指揮者コンクール セミファイナリスト
  • タングルウッド音楽祭 小澤征爾フェロー賞受賞
  • ショルティ国際指揮コンクール ベスト10入り
  • グジェゴシュ・フィデルベルク国際指揮コンクール セミファイナリスト
  • ブルーノ・ワルター・コンダクター・プレビュー賞

父や母は?

原田さんのご両親の詳しいお仕事に関しての情報は残念ながら見つけることができませんでした。しかし、原田さんは音楽業界で活躍されている傍らでご両親は音楽業界の方ではないそうです。ただ、ご両親は音楽が好きということで原田さんが幼少期の頃はバレエやミュージカルを見に連れて行ったことがあるそうです。しかし、バレエの上演中に眠ってしまった原田さんを見てご両親は「この子は音楽に向いていない」と思っていたそうです。

また、ご両親はクラシックに興味はなく、どちらかと言うとビートルズやクイーンなどのロックを好んで聴いていたため、原田さんもロックを好んで聴くようになったそうです。

結婚している?

原田さんは、2017年にテニスプレイヤー、ファッションデザイナーとして活躍されている倉島侑里さんと結婚されています。このお2人の交際と結婚についてはニューヨーク・タイムズに掲載されたそうです。

残念ながら、子どもに関する情報は見つけることができませんでした。まだ36歳ということで現役でも指揮を振られているため自分の時間を必要としているのかもしれませんね!

指揮の実力や評判は?

原田さんの指揮の実力は、日本に限らず世界中から見ても高い実力を備えていると思います。理由としては、数々の受賞経歴は勿論、世界中のオーケストラの指揮者として就任したり、音楽監督も任されたりしていますね。しかも、原田さんが指揮者として活躍されるようになったのは数年前の話ではなく、20代の頃からです。

やはり、世界的に有名なオーケストラは若い指揮者というよりかは、名が知れ渡っているような大御所の方が指揮を振るイメージが強いですが、そんなイメージを覆すほどの実力を原田さんは兼ね揃えていたのだと思います。

評判に関しては、実力同様に高い評判を得ています。先日、ショパン国際ピアノコンクールで2位を獲得した反田恭平さんとコンサートを開催した際には、チケットが秒速で売れてしまったそうです。他にも、ニューイヤーコンサートでもチケットが取れなかったという方のお話も聞きました。すぐにチケットが売れてしまうほど原田さんの指揮を見に多くの方が足を運ぶということは、原田さんの指揮の実力が認められており、高い評判を得ているということがわかりますね。

まとめ

今回は指揮者として世界中で活躍されている原田慶太楼さんについてまとめました。まだ、36歳ということで今後どのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

👉〔amazon〕原田慶太楼のCDはこちら。

>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 492 times, 6 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)