ピアノを大人が独学で始める!何からすればいい?基礎練習やおすすめの教本は?

コロナ禍の昨今、自宅でできる趣味としてピアノを独学で始める方が多いようです。「でもピアノって先生に習わなきゃできないんじゃない?」と思う方もいらっしゃるのでは?実際には正しい基礎練習と進度に合った教本を使うことで、大人の独学でもしっかり上達することができます!本記事では、大人がピアノを独学で始めたときにやっておきたい基礎練習やおすすめの教本を紹介します!

大人のピアノデビューはあり?

ピアノの世間一般的なイメージとして、

「ピアノは指の訓練だから小さい頃から習っていないと上達しない」
「大人になってからでは指が動かずピアノを弾けるようにならない」

など、お稽古として子供の頃にやるものという印象があるかもしれません。

では大人になってから挑戦してもピアノは弾けないのか?

答えは「いいえ!」です。地道に練習を重ねることで、大人になってから初めてピアノを触る方も必ず弾くことができるようになります!

現在、コロナ禍でステイホームが謳われるようになった影響で、大人の方がピアノを始めるケースが多いようです。

定年を迎え、お仕事がひと段落した方がピアノを始めることもあるようですよ。

目、指先、足元、そして脳をフル活用するピアノは脳トレにも有効です。

ピアノを始めるのに年齢制限はないということですね!

ピアノの独学で気を付けたいこと

ピアノを始めるときにまず検討することは、レッスンに通うかどうかではないでしょうか。

しかし、大人の方はお子様と違い、仕事や家事に毎日忙しく、定期レッスンを入れていても必ず出席できるか分からない人も多いと思います。せっかくの月謝を無駄にしてしまうという不安もありますよね。

その中で選択肢の一つになるのが「独学」です。

独学であればレッスン料や交通費がかからず、楽器と教本があれば好きな時間にお手軽に始められます。

独学でも上達することはできますが、間違った方法で練習してしまうと、上達が見込めずにそのうちピアノに飽きて辞めてしまう……なんてこともあり得ます。

モチベーションを保つのは容易なことではありません。何度練習しても上手く弾けないのに、一人しかいない環境でやる気を持続させるのはなかなか難しいことでしょう。

モチベーションの観点からも、効率の良い練習法と質の良い教本はピアノ独学の大切なパートナーです。

初めは弾いてみたいフレーズも多々あると思いますが、まずはむやみやたらに手を付けるよりもピアノの基礎練習とそのための教本選びをしっかり行いましょう。

アドバイスが受けられない環境だと、指使いやフレーズの取り方などが自己流になりやすいです。特に指使いは一度癖がつくと修正が難しいため、楽譜に記載の指番号には忠実に演奏することを心がけましょう。

独学におすすめの基礎練習と教本について

大人になってからピアノを独学で始める方向けに、おすすめの基礎練習と教本についてご紹介します。

独学におすすめの基礎練習

①ハノンで指の訓練

初心者の方はなんといっても、指を動かす練習が必要です。人間の指はそれぞれ筋力が異なります。

長さも違えば利き手も違いますし、力のバランスが異なるのは当然のこと。

ピアノはすべての指を使う楽器です。「この指だと強い音が出るけどこの指は弱い音しか出ない」状態では演奏にムラが生じてしまいます。そのために指の訓練が必要です。

そんなときに役立つのは、こちらの超有名な教則本。

全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラリー

[amazon]全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラリー

標題が付いた情感を鍛える練習曲ではなく、あくまで指の訓練のための練習曲です。同じようなスケールが一冊を通してひたすら続きます。

ハノンには60の練習曲が収録されています。各曲ごとに「この指を意識する」などの課題が設定されているため、必ず課題を意識しながら弾くことが大切です。

初心者の方には難しい運指もあるかもしれませんが、できる範囲から始めてみることをオススメします。慣れないと指がかなり疲れますが、それに負けじと繰り返すことで必ず指が鍛えられます。上達したい方は必携です。

②バーナムでテクニックの訓練

子どもから大人まで、初心者がすぐに始めることができる有名な教本です。

一曲一曲が短めのため、比較的短期間でクリアしていきやすいのもモチベーション維持につながり、独学向けといえます。

先ほどのハノンは「指の訓練のための基礎練習」ですが、こちらのバーナムは「ピアノのテクニック」を養うことができます。

挿絵が棒人間でシンプルに描かれているのも、課題曲の想像力を働かせるのに有効です。

スポンサーリンク
■バーナム ピアノテクニック ミニブック

[amazon]バーナム ピアノ テクニック ミニブック

「ミニブック」はほとんど四分音符で構成されており、片手ずつ弾くところからスタートです。とはいえ、右手だけでなく左手のトレーニングもできるような譜面になっています。

ミニブックが終了したら、次は「導入書」です。

■バーナムピアノテクニック(導入書)

[amazon]バーナムピアノテクニック(導入書)

「導入書」からは八分音符・三連符が登場します。また、両手弾きの練習が増えます。

ようやく曲らしくなってくるのがこの巻以降ですね。

「導入書」を終えたら、次はこちら。

バーナムピアノテクニック(1)

[amazon]バーナムピアノテクニック(1)

リンクは(1)ですが、実際は(4)までリリースされています。

イメージとしては、
「ミニブック」=ピアノが初めての人
「導入書」=なんとか両手で弾ける人
「バーナム1巻~」=以前にピアノを習っていた人
このような難易度と考えていただければOKです。

初心者の方は、ミニブックと導入書が終えたら別の教本や楽集も併用していけると、テクニックに加えて譜読みも早くなると思います。

独学におすすめの教本

基礎練習はとても大事なことですが、実際のところ訓練やテクニックの練習ばかりでは弾いていてあまり気持ちの良いものではありません。

ハノンだけ弾いていても、表情豊かな演奏に欠かせない情感を鍛えるという点はいまひとつ及ばないところです。

特に独学は、飽きずにいかに練習時間を確保するかというのも大切なポイント。基礎練習と併用して以下の教本も取り入れてはいかがでしょうか?

①はじめてのギロック

[amazon]はじめてのギロック (Zenーon piano library)

ハノンには標題がついていないのですが、こちらはすべての曲に標題がついており、曲の背景をイメージしながら楽しく練習できます。

難易度は初心者向け。ブルグミュラーよりも優しめの譜面で、バイエル程度の難しさです。

②ブルグミュラー25の練習曲

[amazon]ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

言わずと知れた、ベストセラーの初級教本。上述の「はじめてのギロック」よりは少し難易度が高めです。

基礎練習の項目でご紹介した「バーナムピアノテクニック」で例えるならば、バーナム(1)や(2)に入っている方向けのレベルです。

この教本の優れている点は、それぞれの曲が表情豊かなため、情緒的に演奏するテクニックがバランスよく身に着けられるようになっているところです。

素敵なフレーズの標題もインスピレーションを働かせること請け合いです。

25曲の中で調性や拍子もバラバラに構成されており、音感を鍛える面でも優秀な一冊です。

どの曲も2ページ前後の程よい長さで、弾き切ったときの達成感はやみつきですよ。

ぜひ、美しい旋律を楽しみながら演奏してくださいね。

>>大人になってピアノ再開!どこから始める?楽しく続ける練習方法は?

人気の音楽教室おすすめ

都内200箇所で展開!クラシックに強い音楽教室『椿音楽教室』

:

椿音楽教室は東京都内200箇所以上のスタジオを中心に、神奈川・千葉で11種類の音楽教室を開講しています。クラシックに強く幅広い年代で人気です。オンラインレッスンにも対応しているので全国どこからでも受講可能。価格設定は1レッスン当たり税込5,825円(月4回の場合・60分)。この価格で質の高いレッスンを受けられますので評判がよいです。

利用料金1レッスン当たり税込5,825円(月4回・60分レッスン・マンツーマン)
ジャンルピアノ・ボーカル・弦楽器・木管楽器・金管楽器・ギター・ドラム・DTM・作曲・ソルフェージュ・楽典・指揮・和楽器

全国40校で展開の有名音楽教室『シアーミュージック』

:

シアーミュージックは、国内でも有名な音楽教室で全国40校を展開しています。マンツーマンレッスンできめ細かい指導が話題となっています。感染症対策を取ったうえで安心してレッスンを受けることが出来ます。価格設定は1レッスン当たり税込4,400円(月4回レッスンの場合)利用料金が明確で分かりやすいことに加え、業界でも最安値クラスとなっています。

利用料金1レッスン当たり税込4,400円(月4回・45分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

大人になって音楽を始めたいあなたにおすすめ『EYS音楽教室』

EYS音楽教室は、関東と関西圏を中心に32か所で音楽教室を展開しています。レッスン生は1万人以上!特に大人向けのレッスン(50代以上でも歓迎!)に特徴があり、安心して通うことが出来ます。また、希望者には楽器をくれるという斬新なサービスも嬉しいです。

利用料金1レッスン当たり10,520円〜(月2回・55分レッスン・マンツーマン)
ジャンルボーカル系・ピアノ・管楽器・弦楽器・打楽器・DTM

オンラインでのレッスンにおすすめ『シークミュージックスクール』

シークミュージックスクールは、神奈川県を中心に展開している音楽教室ですが、特徴的なのはSkypeやZoomなどのオンラインレッスンが充実しているところ。コロナ禍でおうち時間を充実させたい方にぴったりな学校です。

利用料金1レッスン当たり税込4,125円(月4回・45分レッスン)※オンラインは2,062円~
ジャンルピアノ・ボーカル/ボイトレ・ギター・ベース・ウクレレ・マリンバ

ボイストレーニングなら『ボイストレーニング教室KISS』

独自の呼吸法を取り入れたボイトレが評判の音楽教室です。教室は東京にありますが、Skypeでのレッスンに対応しており全国どこからでも受講できます。

利用料金1レッスン当たり税込6,000円(月2回・40分レッスン)※オンラインは5,500円~
サービス内容ボイストレーニング
>>[amazon]クラシックのジャンル別話題作をチェック!

スポンサーリンク
関連記事
(Visited 143 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)